milktub(ミルクタブ)は、1991年に千葉県松戸市の小学校の先輩・後輩だったメンバーを中心に結成されたパンクロックバンド。幾度かのメンバーチェンジの後にリーダー・bambooと一番星☆光の2人組ユニットとして、ゲーム音楽の制作・提供をするほかライブ活動も活発に行っている。2010年にTVアニメ「バカとテストと召喚獣」のエンディングテーマに「バカ・ゴー・ホーム」を提供したことで、アニメファンへの知名度を大幅にアップさせた。聴くと元気になるドーピングロックンロールと称される「速くておバカでかっちょいい」パンクロックな楽曲が特徴。ライブハウスを中心に活動するmilktubのライブでは、モッシュダイブが頻繁に行われる。またmilktubが主催する抱き枕を一心不乱に振り回すライブは観客を熱狂の渦に巻き込んでいる。

milktub(ミルクタブ)の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

milktub(ミルクタブ)について

ドーピングロックンロール!milktub(ミルクタブ)とは

bambooと一番星☆光のパンクロックユニットとして人気のmilktubはロックとアニメ、ゲームなどマルチメディアで活躍しているユニークな音楽集団だ。リーダーのbambooはmilktubのボーカルを担当するほか、美少女ゲームプロデューサーとしても知られる。学生時代の生活をネタにしたPCゲームソフト「グリーングリーン」の主題歌を手掛け、スカパンクを取り入れたボーカルソングはファンの脚光を浴びた。
株式会社キッチンガイズファクトリーとそのゲームブランドOVERDRIVEを設立し、ゲーム内に登場する架空のバンドのプロモーターやイベント・ライブなども行っている。小学校の後輩である一番星☆光がギターを担当するほか、レコーディングやライブではサポートメンバーとして、ms-jacky(key)、鈴木マサキ(Gt)、若林大道(Gt)、田辺トシノ(Ba)、齋藤たかし(Dr)などが参加する。
ライブ活動を活発に行い、2008年4月の東名阪ライブツアー「OVERDRIVE NIGHT TOUR 2008」を始め、2008年12月の「OVERDRIVE NIGHT TOUR 2008-2009」では憧れの先輩バンド・ニューロティカのATSUSHIがゲストで出演。2011年には結成20周年を記念してアルバムリリースとライブツアー「milktub 20step Voltex」を開催し成功を収めた。
2016年7月には結成25周年ワンマンライブツアーを敢行する。熱いライブとパフォーマンスを繰り広げるmilktubから目が離せない。

milktub(ミルクタブ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ