美川憲一は、1946年5月15日生まれ、長野県諏訪市出身の歌謡歌手である。歌謡作曲家の古賀政男に師事し、1965年に「だけどだけどだけど」で歌手デビューを果たす。美少年による青春歌謡路線を売りにしていたが、1966年にムード歌謡である「柳ヶ瀬ブルース」をリリースし、120万枚を売り上げるヒットを記録したのと併せて映画化もされ、自身初の映画初出演作品ともなっている。以降、多くのヒット曲に恵まれたが、1972年にリリースされた「さそり座の女」が9.7万枚を売り上げる大ヒット曲として認知されている。また、ちあきなおみと共演した金鳥のCMでの「もっと端っこ歩きなさいよ」や、バラエティ番組でたびたび発する「おだまり」が流行語にもなっている。

美川憲一の日程

68人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

美川憲一のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/17 12:00更新)

美川憲一について

美川憲一の魅力とは

美川憲一は、「さそり座の女」で知られる歌謡歌手である。本名は百瀬 由一(ももせ よしかず)であり、芸名の「美川」は岐阜県を流れる木曽川・揖斐川・長良川の3つの美しい川にちなんでいるが、本人は長野県諏訪市出身のため、岐阜になんのゆかりもない。1965年に「だけどだけどだけど」で歌手デビューを果たし、翌1966年の「柳ヶ瀬ブルース」が大ヒットを記録し、順調に歌手生活を進んでいく。翌1967年には「新潟ブルース」、さらに翌1968年には「釧路の夜」をリリースし45万枚を売り上げ、「柳ヶ瀬ブルース」に続き「釧路の夜」も映画化され、人気を獲得するとついに第19回NHK紅白歌合戦に「釧路の夜」で初出場を果たす。1970年に入ってからは、「みれん町」や「大阪の夜」、「おんなの朝」と立て続けにヒット曲を連発し、第4回日本有線放送大賞のスター賞と第4回日本作詞大賞の大賞を受賞している。そして、1972年に25作目のシングルとなる「さそり座の女」が発売され、9.7万枚を売り上げるヒット曲となり、NHK紅白歌合戦においては2009年までに計7回も歌唱している。よく勘違いされるが、本人はさそり座ではなくおうし座の男性である。

美川憲一が好きな方はこんなチケットもおすすめ