舞台 メサイア 悠久乃刻取扱中!舞台メサイアは、女性向け企画から誕生したweb小説「Messiah」を舞台化した作品である。この小説はドラマCDを皮切りに映画、テレビドラマ、舞台などが制作されておりその人気は明らかである。当然チケットも完売し、トークショーなどのイベントも行われてきた。舞台は2013年に初演が行われてから、2017年で6回目を迎えた大ヒット舞台だ。映画「Messiah メサイア -漆黒ノ章-」と共通しているキャストが多く、ストーリーも繋がっている。2017年に公演された舞台「メサイア -暁乃刻-」の主なキャストに赤澤燈、井澤勇貴など、注目の人気若手俳優が多く出演。今後の作品もストーリー、キャスト共に期待ができ、さらにブームを起こすだろう。

舞台 メサイア 悠久乃刻

1,413人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

メサイアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/18 12:00更新)

舞台「メサイア」について

舞台「メサイア」の魅力とは

舞台「メサイア」は、若い女性を中心に人気沸騰中の舞台である。軍事兵器による戦争の時代から情報戦争への時代となっていった世界を舞台に、特殊任務のために特殊機関で育成されたスパイ、通称サクラと呼ばれる若者たちの国のために命をかけて戦う姿を描いた物語である。2011年に月刊ASUKAで「メサイア-聖域蝟集-」が連載を開始し、この後のメサイアシリーズは「メサイアプロジェクト」と呼ばれている。2011年に実写映画化され、2013年に舞台化された。2017年までに映画4作、舞台6作、テレビドラマ、ドラマCD、イベント4回と人気爆発させている。舞台、イベントはチケット完売の満員になるほで、映画と舞台で繰り広げられるメサイアの世界は、多方面から注目を浴びており多くの根強いファンの指示を受けている。

2017年に公演された舞台「メサイア -暁乃刻-」は脚本をミュージカル「薄桜鬼」やミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス-を手がけた毛利亘宏、演出を舞台「デュエルマスターズ」やハロプロ演劇女子部ミュージカル「恋するハローキティ」を手がけた西森英行が務め、大好評だった。今後もサクラたちの運命はどうなっていくかきになる「メサイア・プロジェクト」に注目していきたい。

メサイアが好きな方はこんなチケットもおすすめ