「志の輔らくご」は立川志の輔が開催する落語公演。毎年決まった時期に東京の渋谷パルコ劇場で開催している落語の公演であり、毎年多くのファンを足を運ぶ。落語家として既に高い実績、豊富な経験を持つ人物であり噺の完成度の高さは折り紙付き。2015年には紫綬褒章を受章しているベテラン中のベテランであり、落語玄人から素人までしっかりと楽しむことができる。毎年同じ渋谷パルコ劇場で開催していたが、当劇場の建て替えが決定し2017年からは変わりの全国行脚が決定。日本全国を渡り歩く大規模落語公演となり今まで行くことのできなかった地方のファンへと落語を披露することになる。毎度会場は満席御礼で今だ高い人気を見せる立川志の輔。表現力、臨場感、物語の全てを余すとこなく伝える手法は神の域と言っても過言ではない。

志の輔らくごの日程

666人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

志の輔らくごのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

「志の輔らくご」について

「志の輔らくご」の魅力とは

「志の輔らくご」は、落語家立川志の輔により開催される落語公演。立川志の輔とは1983年に立川談志門下として入門。落語家としてめきめきと実力をつけ、1990年には落語立川流真打へと昇進。さらに文化庁芸術祭賞を、1993年には富山県功労賞を受賞、以降も数々の賞を受賞してきた。2004年に公演した落語「歓喜の歌」はその後映画化もされた。テレビなどのメディアでの活躍をする一方で、年に150本という数の公演に出席。常にファンの近くでその姿を披露することこそが彼の人気の要因と言えるだろう。

一人の落語家として数々の功績を残してきた高い実力を持つ志の輔。彼一人でおこなう独演会として開催されるのがこの「志の輔らくごと」だ。東京の渋谷パルコ劇場で毎年1ヶ月間の独演会が開催される。非常に高い人気を誇る公演で、チケットは毎回即完売。ファンもなかなか見ることが難しいとされている。2017年には、渋谷パルコ劇場建て替えのための代替案として全国行脚を開催。3年間の期間を経て渋谷パルコ劇場への復帰が予定されており、いつもの公演が見られることをファンは待ち望んでいる。その他にもいくつかの場所で「志の輔らくご」または「志の輔独演会」として公演を開催。いずれも彼の実力を十二分に発揮しており高い人気を獲得している。

志の輔らくごが好きな方はこんなチケットもおすすめ