宝塚歌劇団ME AND MY GIRL」は1987年に剣幸、こだま愛を中心とした月組での初演が大ヒットしロングランとなった作品だ。以降も天海祐希・麻乃佳世などを中心とした月組で上演され、何度も再演された人気作品である。舞台は1930年代後半の英国。名門貴族ヘアフォード伯爵家では、伯爵家の後継者探しが問題となっていた。しかし探し出された後継者は、全当主の一人息子である下町ランベスで育った粗雑な青年だった。公爵夫人・マリアはビルに厳しい後継ぎ教育を施し、彼は日に日に貴族らしくなっていく。しかし下町出身の恋人サリーは、不釣り合いだという気持ちから身を引こうとし…。今回の「ME AND MY GIRL」は宝塚 花組トップコンビ「明日海りお」と「花乃まりあ」が主演を飾る、傑作ロマンティック・コメディ。

ME AND MY GIRLの日程

2,810人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 ME AND MY GIRLの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 ME AND MY GIRLのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

「ME AND MY GIRL」 について

「ME AND MY GIRL」の魅力とは

「ME AND MY GIRL」は1937年にロンドンで初演され、1646回のロングランを記録した大ヒットミュージカルである。宝塚では28年前に初演され、以降ロングランを誇った宝塚ファンにとってお馴染みの人気作品。その熱は衰えることなく、今まで何度も再演されている。

物語は1930年代後半のロンドンが舞台のロマンティック・コメディ。名門貴族ヘアフォード伯爵家では、遺言によって長年行方不明であった前当主の落とし胤が世継ぎになることに。そしてある日突然、下町出身のビルは世継ぎとして呼び出されたのであった。公爵夫人の姪ジャッキーは、婚約者のジェラルドに婚約指輪を投げ返し、財産を持つビルを誘惑する。一方でビルの恋人サリーは次第に貴族らしくなっていく彼の変化を感じ取り、自分が身を引いた方が彼は幸せになれると考え始める。ビルはサリーを一途に愛し続け、去っていく彼女を追いかけるが…。

ビルにとってはシンデレラストーリーのはずが、愛し合う二人にとっての試練の連続。二人の愛を貫く様子は、人々を切なくさせ感動の渦に巻き込んでいく。ハッピーミュージカルの王様と称されるこの作品。家族でもカップルでも誰もが楽しめる、愛情に溢れた感動と笑顔のミュージカルを、是非宝塚で体感していただきたい。

ME AND MY GIRLが好きな方はこんなチケットもおすすめ