みつばちマーヤの大冒険」は1912年、ドイツの作家ワルデマル・ボンゼルスによって書かれた児童文学作品が原作のアニメ映画である。1975年に日本でアニメ化され放送。2015年にはドイツとオーストリアの共同製作で「MAYA THE BEE MOVIE」が製作され公開。日本でも「みつばちマーヤの大冒険」として2016年に逆輸入で公開している。主人公マーヤの声を担当するのははるかぜちゃんの愛称で知られる春名風花。そして親友ウィリーの声を担当するのはアニメーション1期、2期でウィリーの声を担当してきた大御所・野沢雅子。「みつばちマーヤの大冒険」はリアルタイムでアニメを見ていた親とマーヤを知らない子供が一緒になって楽しめる作品となっている。

みつばちマーヤの大冒険の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「みつばちマーヤの大冒険」について

映画「みつばちマーヤの大冒険」とは

1912年、ドイツの作家ワルデマル・ボンゼルスによって書かれた児童文学作品が原作のアニメ映画「みつばちマーヤの大冒険」。
1975年に日本でアニメ化され放送。この「みつばちマーヤの冒険」は世界44カ国で翻訳され放送された。2015年、ドイツとオーストリアの共同製作で「MAYA THE BEE MOVIE」が製作されている。これは日本のアニメーションシリーズをフルCG化したものでキャラクターデザインやシーンを踏襲している。

日本でも「みつばちマーヤの大冒険」として2016年に逆輸入で公開が開始された。主人公マーヤの声を担当するのははるかぜちゃんの愛称で知られる春名風花。そして親友ウィリーの声を担当するのはアニメーション1期、2期とウィリーの声を担当してきた大御所野沢雅子。
みつばちのマーヤはどうしても外の世界が見たく、親友のウィリーと外へ飛び出してしまう。バッタのフィリップから外の厳しさ、楽しさを教えてもらうが、巣に戻されてしまう。そこでマーヤは女王ばちの座を奪おうとする女官長バズリーナの陰謀を目撃してしまうが…世界的児童文学が原作ということもあり、子供にも安心して見せられるフルCG映画。
「みつばちマーヤの大冒険」はリアルタイムでアニメを見ていた親とマーヤを知らない子供が一緒になって楽しめる作品となっている。

みつばちマーヤの大冒険が好きな方はこんなチケットもおすすめ