歌舞伎には大きく分けて二週類の歌舞伎が有る。大歌舞伎と花形歌舞伎だ。現代の歌舞伎の興行は松竹がほぼ独占的に行っており、松竹の興行の名称の多くは大歌舞伎と花形歌舞伎のいずれかの名称がついており大歌舞伎はベテランの役者が、花形歌舞伎は若手の役者が中心となる興行を指している。派手な激しい分かりやすい歌舞伎ならやはり花形であろう。2015年、明治座・五月花形歌舞伎が見物である。

五月花形歌舞伎の日程

18人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

五月花形歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

五月花形歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

五月花形歌舞伎について

五月花形歌舞伎の魅力とは

今年度の五月花形歌舞伎・昼の部は「一、歌舞伎十八番の内 矢の根」で曽我五郎をドラマや舞台、時にはバラエティにも出演する市川右近が演じる。そして「二、男の花道」では、加賀屋歌右衛門を「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」のアンバサダーに就任し話題の市川猿之助、田辺嘉右衛門をテレビドラマ「半沢直樹」で一気に全国区となった片岡愛之助、土生玄硯を市川中車こと香川 照之が演じる。さらに夜の部は「一、あんまと泥棒」では泥棒権太郎を市川猿之助、あんま秀の市を市川中車が演じる。「二、湧昇水鯉滝・通し狂言 鯉つかみ・片岡愛之助宙乗りならびに本水にて立廻り相勤め申し候」では俵藤太秀郷・滝窓志賀之助実は鯉の精・滝窓志賀之助実は清若丸を片岡愛之助が演じる。メディアでもよく見る歌舞伎役者ばかりである。この五月花形歌舞伎のチケットは歌舞伎を見慣れない人でも手に入れたいチケットだ。

五月花形歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ