珍遊記」は1990年から週刊少年ジャンプにて漫☆画太郎が連載したギャグ漫画。「珍遊記」は「西遊記」をモチーフにしたパロディ作品で、横暴・傍若無人な山田太郎が、玄奘に調伏されてサルのような姿となり、共に天竺を目指ていく道中に巻き起こる騒動が描かれる。ドラゴンクエストドラゴンボールといった人気作品のパロディも頻発する。2009年には、漫☆画太郎漫画家デビュー20周年記念企画として「珍遊記」のOVAが制作された。2016年には、まさかの実写映画化。監督は「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」を手がけた山口雄大。脚本は、お笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダーおおかわらと、人気アニメ「おそ松さん」にも携わる松原秀。主演を務めるのは、松山ケンイチ。その他の出演者は、倉科カナ、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧。実写映画「珍遊記」のオリジナルキャラクターとして溝端淳平も出演する。

松山ケンイチ 主演映画 珍遊記の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

珍遊記の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

珍遊記のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

「珍遊記」ついて

「珍遊記」の魅力とは

漫☆画太郎が1990年から週刊少年ジャンプにて連載していた伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」。シリーズ累計販売数が400万部を記録した大ヒット漫画だ。「西遊記」のパロディで、天下の不良少年で傍若無人な山田太郎が、玄奘にサルのような姿に変えられ、天竺を目指しながら騒動を巻き起こしていくストーリー。

実写化不可能と言われていた「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」だが、2016年に「珍遊記」というタイトルで実写映画化。「珍遊記」の監督は「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」等アニメの実写化を成功させてきた山口雄大。更には、脚本にお笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダーおおかわらと、人気アニメ「おそ松さん」にも携わる松原秀という豪華スタッフが揃う。

「珍遊記」で主演を務めるのは、松山ケンイチ。これまでにも、「デス・ノート」「デトロイト・メタル・シティ」「ど根性カエル」等、実写化の難しいアニメ作品で主演を務めてきた松山ケンイチが、坊主頭にパンツ一丁の姿を披露する。

その他にも、「珍遊記」には倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧という豪華キャストが集結し、漫☆画太郎の生み出したギャグ漫画の世界を表現する。

松山ケンイチ 主演映画 珍遊記が好きな方はこんなチケットもおすすめ