松本伊代は1965年生まれ、東京都大田区出身のタレント、歌手である。1981年にバラエティー番組の「たのきん全力投球!」に出演していた人気アイドル田原俊彦の妹役でデビューを果たす。同年10月に松本伊代の代表曲となる「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてデビューし、1982年の第24回日本レコード大賞で新人賞を受賞した。1983年にはシンガーソングライターの尾崎亜美が手がけた「時に愛は」がヒットしアイドル歌手として人気を集め、当時数々のアイドルが出演していたボンカレーのコマーシャルにも抜擢された。1993年には人気お笑いトリオB21スペシャルのヒロミと結婚し現在はママタレントとして活躍している。

松本伊代の日程

16人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松本伊代のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

松本伊代について

松本伊代とは

松本伊代は1981年にデビューし「瞳そらすな僕の妹」のキャッチコピーで人気を博したアイドル歌手だ。
デビュー曲の「センチメンタル・ジャーニー」は作詞に湯川れい子、作曲に筒美京平と実力派2人の手がけた楽曲でロッテ「ガーナチョコレート」のコマーシャルソングに起用され、デビューシングルながら、売り上げは自身最大のヒットとなり、1982年の第24回日本レコード大賞新人賞や同年に開かれた数々の音楽新人賞を受賞した。

アイドル歌手としての活躍のほかにも人気バラエティー番組、オールナイトフジの司会をとんねるずと務めるなどバラエティータレントとしても活躍。1993年には人気お笑いトリオB21スペシャルのヒロミと結婚し2人の男の子の母親で近年はママタレントとして活動している。

そんな歌手、タレントとして活躍中の松本伊代が2016年、35周年を迎え10月15日に東京のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでアニバーサリーライブを行う。
ワンマンライブ自体は4年ぶりとなる今回、デビュー曲である「センチメンタル・ジャーニー」はもちろん、数々のヒット曲が披露される。
「やっぱり伊代ちゃん'16」と銘打って行われるライブ、35年たっても色あせない松本伊代の魅力をたっぷりと味わえるだろう。

松本伊代が好きな方はこんなチケットもおすすめ