松森 治は、びわ湖ホール声楽アンサンブル・新国立劇場合唱団・ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団などで活躍中。びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー。大阪音楽大学音楽学部声楽科を卒業し、同大学専攻科声楽科修了している。出演作は、「フィガロの結婚」(フィガロ)、「魔笛」(ザラストロ)、「ドン・ジョヴァンニ」(レポレッロ)、「ラ・ボエーム」(コッリーネ)、「ラ・ファヴォリータ」(バルダッザーレ)、「ドン・カルロ」(修道士)など。びわ湖ホールでは、オペラ「ばらの騎士」(公証人)、「ラ・ボエーム」(アルチンドロ)では主演を飾っている。実力派松森 治の公演は、今後も見逃せない。

松森治の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

松森治について

松森 治の魅力とは

松森 治は、びわ湖ホール声楽アンサンブル・新国立劇場合唱団・ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団などで活躍する声楽家。担当はバス。大阪音楽大学音楽学部声楽科を卒業し、同大学専攻科声楽科を修了。また、びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバーでもある。

出演作品は幅広く、「フィガロの結婚」フィガロ、「魔笛」ザラストロ、「アマールと夜の訪問者」バルタザール王、「森は生きている」博士・古老、「おこんじょうるり」じんざや役を好演。そしてびわ湖ホール プロデュースオペラ・沼尻竜典オペラセレクションなどにも多数出演している。

沼尻オペラセレクションでは「サロメ」兵士、「ルル」劇場支配人、「トリスタンとイゾルデ」舵手で出演を務めた。その他にもベートーヴェン「第九」、モーツァルト「戴冠ミサ」ソリストなど多くのオペラやコンサートで活躍。音楽大学で専門的に学び、多くの舞台で経験を積んだ、彼の実力は折り紙付き。会場では彼の声に聞き惚れよう。

松森治が好きな方はこんなチケットもおすすめ