Be a driverとは、こだわりのクルマづくりを追求する自動車メーガーのマツダが各地で展開している人とクルマの絆を深めるための体験型イベントだ。本社を広島県に置くマツダは、世界で唯一ロータリーエンジン搭載自動車を量産化する技術を開発し、ロードスターやRX-7などの人気車種を生み出してきた。2010年に正式発表された新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を活用した次世代エンジンンを搭載する新モデル車を次々と発表し、注目されている。2016年9月には、日本を代表するサーキット「富士スピードウェイ」で「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が開催される。マツダのモノづくりへの情熱とこだわりを体験できるイベントにクルマ好きならぜひ参加してみよう。

Be a driverの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Be a driverの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Be a driverのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

Be a driverについて

人とクルマが出会う体験型イベント、Be a driverの魅力とは

日本の自動車メーカーとして独自のクルマづくりの技術とコンセプトを持つマツダのクルマが注目を集めている。2012年度の「CX-5」に始まり、2014年度・2015年度と「デミオ」「ロードスター」で2年連続「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝くなど、マツダのクルマづくりが高く評価されている。
その要因として挙げられるのが、2010年に正式発表された新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を取り入れたプロダクトと「魂動デザイン」と呼ばれる革新的なデザインだ。「SKYACTIVエンジン」の搭載により良好な燃費と排気ガス性能を実現化させ、クリーンディーゼル先進国の欧州では高い人気を誇っている。そんなマツダのクルマづくりへのこだわりを体験することができる場として「Be a driver. Experience」が全国各地で展開され、好評を博している。

2016年9月には日本を代表するサーキット「富士スピードウェイ」を舞台に「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が開催される。「人とクルマの絆を、もっともっと深くする」を開催テーマに、マツダのモノづくりを体感できる展示や開発者たちのトークセッションをはじめ、サーキットではSKYACTIV技術搭載車による試乗が体験できる。
「走る歓び」を目指してモノづくりに励むエンジニアたちの夢と出会う絶好のチャンスだ。

Be a driverが好きな方はこんなチケットもおすすめ