松原健之は、2005年から活動している演歌歌手。1979年10月生まれの静岡県袋井市出身。所属レーベルはテイチクエンタテインメントである。本名は小松原健志であるが、芸名の松原の「松」は詩人・松永伍一氏の「松」から、健之の「之」は作家・五木寛之氏の「之」から取られている。10代の頃から歌謡コンテストで上位入賞を果たし、2001年に劇団前進座のオーディションにおいて原作・脚本を手がけた五木寛之に抜擢され、2004年まで主題歌「旅の終わりに」を歌い客演している。そして2005年9月に、五木寛之が作詞した楽曲「金沢望郷歌」でデビューを果たし、これまでに数多くの楽曲をリリースしている。

松原健之の日程

12人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

松原健之の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松原健之のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/12 06:00更新)

松原健之について

松原健之の魅力とは

松原健之は、2005年9月にデビューした演歌歌手。10代の頃から、歌謡コンテストに出場し上位入賞を果たすなど才能を如何なく発揮し、数々の賞を受賞している。1993年には「ヤマハTEENS' MUSIC FESTIVAL '93 静岡大会」でパフォーマンス賞を、1996年には「第20回長崎歌謡祭」で音楽プロデューサー特別賞を、翌1997年にはテレビ東京系の「チャレンジ歌バトル」にてグランドチャンピオンを獲得している。

プロデビューのきっかけとなったのは、劇団前進座の創立70周年記念の舞台「旅の終りに」のオーディションを受けたこと。本作の原作脚本の五木寛之から抜擢され、歌手を目指す青年役として主題歌を担当することになった。この出来事を受けて、2005年に五木寛之による作詞の楽曲「金沢望郷歌」で念願のデビューを果たす。

これまで数々の作品を発表しており、2009年には日本作曲家協会音楽祭・奨励賞を受賞するなど各所からも高評価を得る演歌歌手として活動を続けている。また、昨今はテレビ金沢の情報番組に出演するなど石川県での活動が多くなっているが、2016年1月には地元である静岡県袋井市から「ふくろい未来大使」を委嘱されている。

松原健之が好きな方はこんなチケットもおすすめ