摩天楼オペラは、日本のヴィジュアル系ロックバンドである。2007年春に元Jenivaの苑と悠を中心に結成されたバンドである。ヴィジュアル系しては珍しくキーボードが全面に押し出されたサウンドを要した5人編成によるバンドである。現代的なものと伝統美の融合がバンドのコンセプトである。キーボードによるシンフォニックなバンドサウンドとそれぞれの高い演奏力、ボーカル苑の高音と刹那のビブラートにチケットを手にしたファンは酔いしれる。楽曲としてはシンフォニックメタルが軸であり、ツーバスやマイナー調がよくマッチしておりポップで聞きやすくはありながらヴィジュアル系メタルバンドと言っても過言ではないほどサウンドは深い。

摩天楼オペラの日程

280人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

摩天楼オペラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 12:00更新)

摩天楼オペラのライブについて

摩天楼オペラのライブの魅力とは

バンド名の摩天楼オペラは、「摩天楼」は現代にしかなく重いロックやデジタルサウンドを表す、また「オペラ」は昔からの綺麗な音楽でピアノやクラシックを表す、バンド名がそのままバンドコンセプトに直結している。2007年に結成初ライブを浦和ナルシスで行う。その後メンバーチェンジを経ながら2010年12月にはアルバム「Abyss」でメジャーデビューを果たした。彼らのライブチケットはヴィジュアル系のファンならもちろん、音楽に興味のない人にも是非手にしてもらいたいチケットである。

摩天楼オペラが好きな方はこんなチケットもおすすめ