摩天楼オペラとは日本のヴィジュアル系バンドである。活動開始は2007年、元々別のバンドグループに所属していたボーカル苑を中心に結成される。初となるCDはバンド初コンサートにて発売、コンサートの開始前には売り切れてしまうという盛況ぶりだった。デビュー後はCDの配布なども行いながらファンを獲得。2010年にメジャーデビューとなるアルバム「Abyss」を発売する。ライブ活動やCDリリースを積極的に行いながら2012年にはニコニコ生放送でインターネット番組をスタートさせるなど活動の域を広めている。コンセプトは「現代的なものと伝統美の融合」であり、演奏の実力とシンフォニックメタルの完璧なまでの融合である。特にファンから熱い支持が伝わるのはボーカル苑から発せられる高音。その圧倒的な歌唱力と実力でファンをがっしりと掴んでいる。

摩天楼オペラの日程

404人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

摩天楼オペラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 00:00更新)

摩天楼オペラについて

摩天楼オペラの魅力とは

摩天楼オペラとは2007年に活動を開始した日本のヴィジュアル系バンドである。シンフォニックメタルから強い影響を受け、歌唱力、演奏力、そして圧倒的ヴィジュアルでメタルバンドとしての地位を確立している。バンドリーダーでボーカルの苑は元jenivaのメンバーであり活動開始から既に実力は一級品。さらに自身のアニメ好きが高じて当時鑑賞していたアニメ「BLOOD+」からバンド名とコンセプトを思いつく。作詞も手掛けるなど実力は折り紙付きでありバンド全体の支えになっている。ベースには燿、ドラムには悠、キーボードには彩雨と4人からなり、それぞれがシンプルな漢字を名前に用いているのも特徴の一つである。キーボードの彩雨は慶応義塾大学環境情報学部卒であり京都情報大学院大学の客員教授に就任しているなど高学歴。ライブを中心にCDリリースを積極的に行い、ライブの様子を映したDVDなども発売している。数々の名曲を収録したオムニバスアルバムにも参加している。オフィシャルファンクラブやブログも運営しており情報発信やファンとの交流も大事しているのもまた人気の一つ。活動は国内に収まらず広く海外でもライブを行うなどどこまでも展開する姿勢は現代のヴィジュアル系バンドには珍しい一面も。その姿勢が彼らの特徴でありこれだけの活躍の力の一つになっていることは確かである。

摩天楼オペラが好きな方はこんなチケットもおすすめ