マセキ芸能社は、戦前の浅草で柵木政吉が設立した「講談演芸社」を前身とし、1950年に息子の柵木眞が社長に就任するにあたり「株式会社マセキ芸能社」と改名した老舗の芸能プロダクションだ。ウッチャンナンチャンをはじめ、出川哲朗、ドロンズ石本、マギー審司、ふじいあきら、いとうあさこ狩野英孝バカリズムナイツニッチェなど多彩なタレントが所属している。新人の発掘・育成に力を入れており、新人発掘ライブ「オリーブゴールド」で好評価を得ると正式所属となりデビューへの道が開かれる。また、次代のエンターテイナーを養成するための短期ゼミナールを開講し、ウンナン育ての親・河本瑞貴や放送作家・内村宏幸の直接指導による実践セミナーが実施されている。マセキ芸能社所属の若手芸人たちによるライブ活動が人気を集めている。お笑い界を担う次代のホープをいち早くチェックしておこう。

マセキ芸能社の日程

14人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マセキ芸能社のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

マセキ芸能社について

お笑い界の老舗プロダクション、マセキ芸能社の魅力とは

ウッチャンナンチャンをはじめ出川哲朗、狩野英孝、いとうあさこ、マギー審司など、テレビのお笑い番組やバラエティー番組などで活躍するタレントが数多く所属するマセキ芸能社は、戦前の浅草で創業者・柵木政吉が「講談演芸社」を立ち上げたのを起源とする老舗の芸能プロダクションだ。1950年に現在の「マセキ芸能社」と名を変え、関東におけるお笑い芸人専門の大手芸能事務所として、芸人のマネージメントをはじめ新人発掘・育成にも力を入れている。新人開発システムとして、毎月1回ネタ見せを行い、合格すると新人発掘ライブ「オリーブゴールド」に出演できるほか、3ヵ月間の短期ゼミナールを受講し優秀な成績を収めた者も同ライブに出演できるチャンスを与えられる。新人育成方針として、「オリーブゴールド」で内容を評価されると正式所属への道が開かれ、将来の方向性を見据えながら育成が図られる。マセキ芸能社では、現在若手芸人によるライブを積極的に開催しており、月1定例ライブ「パンキッシュガーデン」をはじめ、新ネタと企画ライブなど日頃の練習の成果が披露される。
2016年12月には「M-1グランプリ2016」の3回戦進出を果たしたエル・カブキの単独ライブが開催される。「ひとつのテーマを掘下げていく見たことのない漫才スタイル」として、ウッチャンからも高く評価されているエル・カブキの斬新なネタを楽しんでほしい。

マセキ芸能社が好きな方はこんなチケットもおすすめ