マーク・パドモアはロンドン出身のテノール歌手である。ケンブリッジ大学キングス・カレッジで合唱を学んだマーク・パドモアは世界の舞台でその才能を発揮している。歌唱力、解釈、そして歌で物語を語るその才気は世界中で賞賛を受けており、特にJ.S.バッハの受難曲の演奏では定評がある。このJ.S.バッハの受難曲やマタイ受難曲、ヨハネ受難曲ではエヴァンゲリストとしての役割も担っており、本人もそれに喜びを感じているという。これまでにオペラで、ピーター・ブルック、やケイティ・ミッチェルらとコラボレーションも実施。現代最高のテノールと評されるマーク・パドモアは2017年、ウィーンの俊英ティル・フェルナーと共に来日する。

マーク・パドモアの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マーク・パドモアについて

マーク・パドモアの魅力とは

ロンドン出身のテノール歌手 マーク・パドモア。特にJ.S.バッハの受難曲の演奏には定評があり、彼の持つ歌唱力や解釈、まるで歌で物語を語るかのようなその才気は世界中で賞賛を受けている。
このJ.S.バッハの受難曲やマタイ受難曲、ヨハネ受難曲ではエヴァンゲリスト、福音伝道者としての役割も担っており、パドモア本人もそれに喜びを感じている。オペラではこれまで、ピーター・ブルック、やケイティ・ミッチェルらとコラボレーションしており、バートウィッスルの「The Corridor」、ヘンデルの「イェフタ」などに出演。BBCテレビ制作のブリテン歌劇「ねじの回転」ではピーター・クイント役を演じ、モーツァルト「皇帝ティートの慈悲」ではティート役を担当するなど幅広く活躍している。
コンサートでもベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、など名だたるオーケストラと共演しており、世界各地で各地で開催されるリサイタルも好評を博している。「The Sound of Shakespeare」を始めとする録音のレパートリーも広く、「シューベルト:歌曲集 冬の旅」なども発売されている。

マーク・パドモアが好きな方はこんなチケットもおすすめ