マリウスは、山田洋次監督が脚本・演出を手がける松竹主催の音楽劇だ。フランスでは国民的人情喜劇として高い人気を誇るマルセル・パニョルの戯曲「マルセイユ3部作」を原作とし、3部作の中からフランスで何度も映画化・舞台化されている「マリウス」と「ファニー」を音楽劇として構成し、日本で初めて上演する。船乗りを志す若者マリウス役をタッキー&翼(滝翼)今井翼が演じ、マリウスの恋人ファニー役を瀧本美織、マリウスの父親役を柄本明、ファニーの結婚相手役を林家正蔵が演じる。美しい港町マルセイユの風情と陽気でのどかな市井の人々の姿がコメディタッチで描かれる。山田洋次監督と今井翼のコンビによる「音楽劇 マリウス」で歌あり、ダンスありの人情物語を楽しんでほしい。

マリウスの日程

37人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

今井翼 主演 音楽劇 マリウスについて

歌とダンスの人情劇、マリウスの魅力とは

山田洋次監督の人気映画シリーズ「男はつらいよ」の原案となったと言われるフランスの名作喜劇「マルセイユ3部作」を原作とする舞台「マリウス」は、2013年の舞台「さらば八月の大地」以来、山田洋次監督が今井翼と2度目のタッグを組んで上演する音楽劇だ。原作は1960年代に映画化され、美しい港町マルセイユのロケーションと情緒溢れる物語が人気を呼んだ。2007年にはマルセイユ歌劇場でオペラ「マリウスとファニー」が上演され、絶賛を浴びた。

マルセイユの港でカフェを営むセザールの息子マリウスは、船乗りになることを夢見ていた。幼馴染ファニーはマリウスを愛していたが、海への冒険にとりつかれたマリウスから顧みられない淋しさに耐えていた。ある日、思いつめたファニーがすべてをマリウスに捧げる。しかし、船乗りになるチャンスを掴んだマリウスはファニーを残し出港してしまう。ファニーのお腹の中にマリウスとの子供を宿しながら。ファニーはマリウスを待つことができず、裕福な初老の男・パニスから求愛を受けて結婚し、生まれた子供セザリオと3人で暮らしているところにマリウスが故郷に戻ってくる・・・。

「フランスの寅さん」と言われる笑いあり涙ありの人情喜劇を、今井翼と瀧本美織、柄本明、林家正蔵が歌とダンスで繰り広げる。山田洋次監督による渾身の舞台をぜひご覧いただきたい。

マリウスが好きな方はこんなチケットもおすすめ