スロヴェニア・マリボール国立歌劇場・オペラ・アイーダ」は「オペラのなかのオペラ」と絶賛されるものである。さらにその中でも世界最高の「アイーダ歌い」マリボール歌劇場のものは逸品である。「アイーダ」くらい、親しみ好かれてきたオペラはないといっても過言ではないだろう。輝かしい旋律が分かりやすいストーリーを彩り、そこで起こる三角関係の心理劇を大掛かりな視覚効果で盛り上げる。このマリポール歌劇場の「アイーダ」には、オペラのなかのオペラと言われる魅力がたっぷりと詰まっている。また、チケットを手にする際にはマリア・グレギーナとフィオレンツァ・チェドリンスという今世紀を代表するアイーダ歌いを選択しなければいけないのも嬉しい悲鳴だ。東京Bunkamuraオーチャードホールにおいて、10月19日と22日と23日に上演されるが、マリア・グレギーナがソリストを務めるのは19日と22日、フィオレンツァ・チェドリンスがソリストを務めるのは23日である。

マリボール国立歌劇場アイーダの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マリボール国立歌劇場アイーダの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マリボール国立歌劇場アイーダのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

マリボール国立歌劇場アイーダについて

マリボール国立歌劇場アイーダの魅力とは

10月18日は埼玉・大宮ソニックシティ・大ホールにて、10月21日には武蔵野市民文化会館・大ホールにて、11月1日には山梨のコラニー文化ホール・大ホールなど、様々な会場で上演が予定されており、この秋一番魅力的なチケットである。

マリボール国立歌劇場アイーダが好きな方はこんなチケットもおすすめ