毎年11月に開催される「全日本マーチングコンテスト」は、1988年に全日本吹奏楽連盟50周年の記念事業として始まったマーチングの全国大会である。全日本マーチングコンテストでは、「中学の部」と「高校以上の部」の2部門に分かれて行われる。参加団体はまず、地区予選や都道府県予選に参加し、さらに支部大会へ進み、そこで支部代表に選ばれると全日本マーチングコンテスト本選へ出場することができる。2012年の第25回の大会では、全国で494団体が参加した。コンテスト本選での演奏人数は、2013年度より先導役のドラムメジャーを含めて81人以内と定められており、演奏曲は自由で6分以内に演奏を披露する。規定課題として、演奏、演技には3列以上の隊列が四角形ラインに沿って行進し1周することと、3列以上の隊列でセンターラインに沿って行進しながら各列がUターンし180度方向転換をする足踏み演奏を連続32足間以上行うなどの課題を盛り込む必要がある。各団体のハイレベルなシンクロ率には圧倒されること間違いなし。ダイナミックな演奏と華麗な演技を是非肌で感じてほしい。

全日本マーチングコンテストの日程

476人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

全日本マーチングコンテストの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

全日本マーチングコンテストのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

全日本マーチングコンテストについて

全日本マーチングコンテストの魅力とは

「全日本マーチングコンテスト」は、全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催するマーチングのコンテストで毎年11月に開催される。1988年に全日本吹奏楽連盟創立50周年を記念し、ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)にて第1回目の「全日本マーチングフェスティバル」という名称でスタートした。2004年の第17回より現名称である「全日本マーチングコンテスト」に改称される。
全日本マーチングコンテストは、「中学の部」と「高校以上の部」の2部門に分かれて行われる。コンテストに出場するためには、全日本吹奏楽コンクールと同様に地区予選や都道府県予選に参加し、さらに支部大会(全国11ブロック)へ進み、そこで代表に選ばれると全日本マーチングコンテスト本選への出場権を得ることができる。
コンテスト本選での演奏人数は、2013年度より先導役のドラムメジャーを含めて81人以内と定められており、演奏曲は自由で6分以内に演奏を披露する。7人の審査員によって、演奏の技術や表現、演技、音の動きと調和の観点からそれぞれA、B、Cの3段階によって評価される。審査員4人以上がAの場合は金賞、4人以上Cの場合は銅賞、それ以外は銀賞が贈られる。
各団体がそれぞれの個性を生かし、華やかなパフォーマンスを魅せてくれる。是非会場に足を運び、華麗な演奏と演技を堪能してほしい。

全日本マーチングコンテストが好きな方はこんなチケットもおすすめ