黒崎真音は2006年より活動を開始し、「ヲ嬢」の愛称で親しまれているアーティストである。主にテレビアニメのテーマソングを活動の中心にしており、2010年にアニメ「学園黙示録」の主題歌を担当。その楽曲を収録したアルバムの発売をもってメジャーデビューとなる。2011年にはワンマンライブを開催。同年のアメリカ・ロサンゼルスにておこなわれた「アニメ・エキスポ」に出演するなど国内外で人気を集める。以降もテレビアニメの主題歌を務めながらライブイベントへと参加。2012年にはマレーシアにて海外公演もおこなうなどアニメ歌手として高い地位を確立する。さらにテレビアニメにて声優として参加したり舞台に出演したりと、歌手とは違った姿も見せている。2017年にはベストアルバムを発売。翌2018年にはライブツアーの開催が発表されている。

黒崎真音の日程

471人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

幕張メッセ

大阪城ホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

黒崎真音のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 06:00更新)

黒崎真音について

黒崎真音の魅力とは

黒崎真音は、テレビアニメのテーマソングを中心に活動を展開する国内外で高い人気を集めるアーティスト。2015年には5周年記念となるライブを開催すると多くのファンが駆けつけた。デビューから5年が経つ頃にはすでに国内外で高い人気を集めており、過去にはマレーシア、アメリカ、オランダなど世界各国でライブを開催している。2016年には国内でもトップクラスの人気を誇るロックバンド・LUNA SEAやX JAPANのメンバーがプロデュースを担当した楽曲「VERMILLION」を発表。この曲もテレビアニメのテーマソングに起用されており、アーティストとして業界内からも絶大な支持を獲得している。

アニメソングを中心に活動をおこなうのは、自身が根っからのアニメファンであるから。アニメヲタクであることを自身でも認めており、それが由来となり「ヲ嬢」という愛称で親しまれている。担当したテレビアニメも多岐に渡り、「学園黙示録」、「とある魔術の禁書目録2」、「アクセル・ワールド」などいずれも名作揃いだ。また、圧倒的な歌唱力も多くのファンを引きつける理由の一つ。ハイトーンで伸びの良い歌声はアニメの世界観をより完璧なものにしてくれる。今後もその歌声を武器に活躍していくことだろう。

黒崎真音が好きな方はこんなチケットもおすすめ