MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)は2011年デビューの頭が狼、体が人間という外見の究極の生命体5人組。「使命を持った男」という意味を持つバンド名の通り、音楽で世界を変えられないかという志があり現在に至る。メンバーはトーキョー・タナカ(Vo)スペア・リブ(Drum)ジャン・ケン・ジョニー(Gt, Vo, Raps)DJサンタモニカ(Dj)カミカゼ・ボーイ(Bass)で構成されている。突き抜けた感じの心地よいミクスチャーロックは、見た目の予想を裏切られる完成度で、ツインギターにベース、ドラム、さらにDJという構成。重すぎずないけれど、ロックな疾走感に自然に体が動いてしまう、新しい風を感じるMAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)に注目していこう。

MAN WITH A MISSIONの日程

16,762人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

MAN WITH A MISSIONのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

MAN WITH A MISSIONについて

MAN WITH A MISSION の魅力とは

MAN WITH A MISSIONは、結成時期が公表されていないロックバンドです。このバンド名は、英語で「使命を持った男」という意味となり、バンドの設定には、頭はオオカミ、体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定になっています。マン ウィズ ア ミッションは、略してMWAMや、マンウィズとも呼ばれています。またマスコミなどでは、オオカミバンドと俗称を使用される事もあります。 マン ウィズ ア ミッションは、公式設定としては、19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体とされます。 氷漬けにし、凍結状態が続いていた状態から、2010年になり地球温暖化の影響で氷が融けてしまったために復活し、バンド活動を開始したという設定なので、音楽活動も独特な世界感を持って展開されています。 2010年にプロジェクトの始動が公式アナウンスされて初ライブを行い、その後全国デビューを果たし、メジャーデビューを正式に発表すると高い注目を集めました。ライブのチケットは人気があり、全国ツアーの最終公演には初のワンマンライブを行いました。その後は、初の自主企画ライブや全国ツアーを行い、いずれもチケットには高い人気があります。今後も日本で大暴れするオオカミ達に期待だ!

MAN WITH A MISSIONが好きな方はこんなチケットもおすすめ