間宮祥太朗は、タレント、そして俳優である。中学生時代、読者モデルとして活躍。2008年10月、テレビドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」の日置祥太朗役で俳優デビューを果たす。以後も数々のテレビドラマの出演、バラエティ、舞台、映画に幅広く活動をしている。映画は、2017年7月公開「お前はまだグンマを知らない」で主演の神月紀役、同年9月公開「トリガール」で坂場大志役、同年秋公開「全員死刑」で主演のタカノリ役を務める。俳優活動で活躍の場が多くなり注目されている彼が、2017年9月、「間宮祥太朗 セカンド写真集 GREENHORN 発売記念握手会」を開催。俳優として注目度の高い間宮祥太朗に会えるこの機会をお見逃しなく。

間宮祥太朗の日程

249人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

間宮祥太朗の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

間宮祥太朗のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

間宮祥太朗について

間宮祥太朗の魅力とは

間宮祥太朗の出演する主な作品は、テレビドラマでは、「ミス・パイロット」、「弱くても勝てます 青志先生とへっぽこ高校球児の野望」、「水球ヤンキース」、「ニーチェ先生」、舞台では2012年「銀河英雄伝説 輝く星 闇を裂いてから」、2013年8月「初陣 もうひとつの敵」など。映画では、2016年「高台家の人々」、2017年4月「帝一の國」にも出演している。

2017年7月、自身が主演を演じた「お前はまだグンマを知らない」は、原作者井田ヒロトによる学園、ギャグ漫画作品で、水野 格が監督を務める作品だ。高校生の神月 紀はチバ県からグンマ県に引っ越し、真中高校に編入。生徒からグンマゆえの様々な文化・風習を教えられカルチャーショックを受ける一方で、トチギ県やイバラキ県との地域間抗争に巻き込まれていくという内容となっている。

秋に公開される「全員死刑」は、2004年9月、福岡県大牟田市で発生した通称「大牟田一家4人殺害事件」を描いた実写化であり、小林勇貴による監督作品。鬱屈した日々を暮らす兄弟とその家族が、近所の資産家一家から金を強奪する計画を実行し、1人を殺害したのを機にさらに凶悪な犯罪へ展開するという内容だ。幅広い役柄を務め注目されている間宮祥太朗の今後の活躍に目が離せない。

間宮祥太朗が好きな方はこんなチケットもおすすめ