マランド楽団はオランダで生まれたタンゴ楽団である。1935年にマランドことマリー・アースランドによって結成され1946年から本格的な演奏活動を開始。創始者のマランドは戦後日本において、アルフレッド・ハウゼと並び爆発的な人気を誇ったコンチネンタル・タンゴの大スターである。「オレ・グァッパ」「グワピータ」「星降る宵」など数々の名曲を世に送り出した。1980年にマランドが亡くなった後も娘婿や孫がマランドの想いや音楽性と共にマランド楽団を引き継ぎ、精力的に活動を続けている。2016年に行われる日本公演は「ワルツ」「ルンバ」といった情熱的な踊りが中心となる予定。長年愛され続けるマランド楽団の魂をぜひ感じてほしい。

マランド楽団の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マランド楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マランド楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

マランド楽団について

古き良き伝統を受け継ぎ進化するマランド楽団とは

マランド楽団はマランドことマリー・アースランドによって1935年に結成されたタンゴ楽団である。本格的な演奏活動を開始したのは1946年からだが、「オレ・グァッパ」「グワピータ」「星降る宵」など数々の名曲を生み出して世界中で人気を博している。創始者のマランドは1980年に亡くなってしまったが、その後も娘婿のエバート・オーヴァヴェイクが彼の音楽性や情熱・想いと共にマランド楽団を引き継いだ。

現在ではさらに孫のダニー・マランドが後を引き継ぎ、初代マランドのような熱いパフォーマンスを全世界に届け続けている。現在のマランド楽団は初代マランド、エバート・オーヴァヴェイクが積み上げてきた楽団としてのキャリアにダニー・マランドが祖父・父譲りの音楽センスを吹き込んでおり、ダニーなりの「ラテン」を表現することに成功している。

マランド楽団のオーケストラは「アモール」「オレグラパ」など数多くのメロディーで観客を魅了してきましたが、2016年の日本公演では「ワルツ」「ルンバ」といった情熱的な踊りが中心となるダンスホールを表現する予定だ。
古き良き伝統を受け継ぎながら現代のエッセンスを加えているマランド楽団は、今なお進化し続ける楽団なのである。

マランド楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ