マキタスポーツは、お笑い芸人であり、ネタのできるミュージシャンでもあり、俳優でもある。1970年1月生まれの山梨県山梨市出身で、所属事務所はオフィス北野である。28歳の時に芸人としてデビューし、ハチミツ二郎と共にインディーズ芸能事務所トンパチ・プロを立ち上げるも2年ほどで解散した。以降、ピン芸人として活動し「R-1ぐらんぷり2011」で準決勝進出を果たすなど順調にキャリアを積む中で、ミュージシャンとしての活動も増え、CDやアルバムもリリースしている。近年では役者としての活動が活発化しており、テレビドラマなどへのレギュラー出演も決まっている。世間を騒がせている注目の表現者の一人である。

マキタスポーツの日程

131人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マキタスポーツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 12:00更新)

マキタスポーツについて

マキタスポーツの魅力とは

マキタスポーツは、オフィス北野に所属するお笑い芸人でありミュージシャンであり、なおかつ役者でもある。28歳の時に芸人としてデビューし、実家の屋号を芸名としている。ハチミツ二郎と共にインディーズ芸能事務所トンパチ・プロを立ち上げるも2年ほどで解散し、ピン芸人へ転向し「R-1ぐらんぷり2011」では準決勝進出を果たす。また、2001年にはバンドマキタ学級を結成し活動を始めると、CDやアルバムのリリースに加え、「マキタ学級大文化祭」や「マキタスポーツEXPO」といった音楽とお笑いの融合イベントのプロデュースを手がけてきた。

今では、テレビ東京の人気番組「ゴッドタン」の「芸人マジ歌選手権」の企画で誕生したマキタスポーツ扮するダークネス率いるV系ロックバンド「マキタスポーツpresents Fly or Die」をメインに活動している。直近では、役者としての活動も活発であり、2012年公開の山下敦弘監督作品「苦役列車」では好演を評価され、「第55回ブルーリボン賞」の新人賞と「第22回東スポ映画大賞」の新人賞を受賞している。また、NHK連続テレビ小説「花子とアン」やTBS系日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」でレギュラー出演を果たし、世間を騒がせている注目の人物である。

マキタスポーツが好きな方はこんなチケットもおすすめ