魔術」はデビュー30周年を迎えた中山美穂が初めて舞台に挑戦する作品。2016年春に東京本多劇場、兵庫県立芸術文化センターでの上演を皮切りに、全国で公演される。関西の老舗劇団である「南河内万歳一座」を率いる内藤裕敬が作・演出を手掛ける。「魔術」は終着駅の高架下の屋台に、深夜にどこからとも無く集まった3人の男性、1人の女性が繰り広げる会話劇。現代社会が抱える不安や不確実性、他者との距離感の欠如といったテーマに切り込む作品だ。「悲劇こそバカバカしく描く」が持論の内藤裕敬が生み出す新作舞台「魔術」に出演するのは、舞台初挑戦の中山美穂の他、萩原聖人、橋本淳、勝村政信。日本演劇界を牽引する実力派俳優たちが揃い、じっくり見せてくれる会話劇「魔術」に注目だ。

魔術 舞台の日程

138人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

魔術の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

魔術のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

魔術について

「魔術」は2016年に東京を始め全国で公演される舞台。関西の老舗劇団「南河内万歳一座」を率い、関西の小劇場界を長きにわたって牽引してきた内藤裕敬の手掛ける新作だ。 現代社会の不安や苦悩、問題点を「悲劇こそバカバカしく描く」をモットーに、言葉遊びや笑いなどを取り入れながら軽妙に描くことで知られる内藤裕敬「魔術」は深夜の駅の高架下にある屋台を舞台に、男3人、女1人の計4人の登場人物が織りなす会話劇として書き下ろされた。「魔術」はこれまでの内藤作品と同じく、内藤が捉えた社会の抱える不安定さや、他者との距離感の欠如が、狭い屋台空間の中で見事に描かれる。

「魔術」では、デビュー30周年を迎えた中山美穂が初めて舞台作品に挑戦する。役どころは、「魔術」の中で唯一の女性で、不安に襲われながらも凛とした強さを失わない役。まさに中山美穂にピッタリの作品だ。中山美穂以外には、それぞれの話が食い違っていることに気づき、疑い始める男を萩原聖人、未来を期待される青年を橋本淳、捉えがたい雰囲気で、オッサン呼ばわりされる男を勝村政信が演じる。 中山美穂、萩原聖人、橋本淳、勝村政信と日本演劇界切手の実力派俳優が揃う舞台「魔術」。この4人が内藤演出のもと、どのように「魔術」の世界観を作るのか、期待が膨らむ。

魔術 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ