ミュージカル 魔女の宅急便取扱中!「魔女の宅急便」は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作の長編アニメーション作品。原作は童話作家角野栄子の童話で、2017年現在「魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち」まで刊行されている。魔女の血を受け継ぐ少女キキが魔女の修行のために黒猫のジジと共に旅立ち、海の向こうの町コリコにたどり着く。そこで出会った丸メガネの少年トンボや居候先のパン屋のおソノなどと出会い、魔法の力を失うなどのトラブルに巻き込まれながらもそれを乗り越えていく。配給収入21.5億円とスタジオジブリの前作「となりのトトロ」の3倍以上を記録、当時のアニメーション映画興行記録を更新した。映画放映から28年たった今でも色あせない魅力の「魔女の宅急便」にまだ触れていない人はチェックしよう。

ミュージカル 魔女の宅急便

136人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

魔女の宅急便について

魔女の宅急便の魅力とは

「魔女の宅急便」は童話作家角野栄子の童話で、1989年にスタジオジブリの宮﨑駿が監督、プロデューサー、脚本を担当し、長編アニメーション映画として公開された。配給収入21.5億円と大ヒットを記録し、当時のアニメーション映画の興行記録を更新。

魔女の血を引く少女キキは、魔女としての修行のため黒猫のジジと共に田舎町から旅立ち、海沿いの町コリコにたどり着いた。田舎とは違う大都会であるコリコに戸惑うキキだったが、気さくなパン屋のおソノと出会い居候をさせてもらうことに。空を飛ぶ魔法の力を活かした魔女の宅急便を開業し、人力飛行機の制作を目指す丸メガネの少年トンボと出会う。キキとトンボの思春期らしいもどかしい交流、突如魔法の力を失うトラブル、そしてそれを克服するなどコリコの町のキキの生活が描かれる。

アニメーション映画のみならず、実写映画化、ミュージカル化もされており、実写映画は2014年に小芝風花を主演として公開された。ミュージカルは1993年、1995年、1996年に蜷川幸雄が演出を担当して上演された。そして2017年岸本功喜の脚本・演出により新たにミュージカルとして公演される。主演のキキ役は上白石萌歌が抜擢された。新しいミュージカル「魔女の宅急便」が楽しみだ。

魔女の宅急便が好きな方はこんなチケットもおすすめ