「魔女と百騎兵」は2013年に日本一ソフトウェアより発売されたPlayStation3用ゲームソフトである。同社としては初となるフルポリゴンによる3Dアクションとなっており、ストーリーも比較的大人向けの重厚な作りとなっている。開発元のノラにとっても同様に初のアクションロールプレイングであったが「魔女と百騎兵」は人気を博し、2015年にはPlayStation4用ソフトして移植版の「魔女と百騎兵 Revival」が発売。これは天才魔女メタリカを操作できるモードを始めとする新要素を追加し、PlayStation4の圧倒的なマシンスペックで世界観の表現力もパワーアップ。映像のフレームレートは最大60fpsとなり、より気持ちのいい操作感を実現している。

魔女と百騎兵の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

「魔女と百騎兵」について

「魔女と百騎兵」の魅力とは

PlayStation用3Dアクションゲームとして人気の「魔女と百騎兵」。その高い難易度と残酷で重厚なストーリーが話題となった。発売時のCEROレーティングは15歳以上のCとなっていたが当初は18禁のZ指定だったという逸話があるその内容は、数多く発売されるゲームの中でも異彩を放ち多くのファンを獲得している。PlayStation4用ソフトして移植版の「魔女と百騎兵 Revival」が発売されると、2017年2月には続編となる「魔女と百騎兵2」が発表。こちらも話題となっている。

ケヴァラの世界に蔓延する魔女病。若い少女のみが発症し、魔女として覚醒すると多大な被害を与えていた。ケヴァラの住民はヴァイスリッターを組織し魔女に対抗。そこに所属するアマリエと妹ミムルであったが、ある時このミムルも魔女病に侵されてしまう。この「魔女と百騎兵2」の発売を記念し、「魔女と百騎兵コンサート 魔女たちの幻奏夜会」が開催。「魔女と百騎兵」の1と2はもちろんのこと、「ディスガイアシリーズ」や「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」などの人気曲を新たに書き下ろしアレンジし演奏するコンサートだ。「魔女と百騎兵」ファンはもちろんのこと、日本一ソフトウェアのファンにも嬉しい内容となりそうだ。

魔女と百騎兵が好きな方はこんなチケットもおすすめ