魔法科高校の劣等生は、小説家である佐島勤によるライトノベルであり、マンガ及びテレビアニメなどのメディアミックス作品である。もともとはオンライン小説として人気を博し、電撃文庫MAGAZINEで連載を開始。これまでにマンガ化、テレビアニメ化、Webラジオ化、ゲーム化がされており、2017年6月からは「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」のタイトルで劇場映画化もされる。物語は架空の近未来を舞台にしており、体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関・魔法科高校を中心とした学園バトルアクションで、とある兄妹の高校在学期間を描いている。小説としての累計発行部数は770万部を突破しており、本シリーズに多くのファンがいることがうかがえる。

魔法科高校の劣等生の日程

203人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

魔法科高校の劣等生の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

魔法科高校の劣等生のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 12:00更新)

「魔法科高校の劣等生」について

「魔法科高校の劣等生」の魅力とは

「魔法科高校の劣等生」は、人気小説シリーズとその他数多くのメディアミックス作品を指す。原作は、会社員生活のかたわらで小説を執筆している佐島 勤であり、小説出版時の編集担当はこれまでの多くのヒット作に携わってきた三木一馬が、イラストは「鋼の錬金術師」などを手がけてきた石田可奈が担当している。原作小説はシリーズ累計770万部の発行部数を突破しており、これまでにテレビアニメ化をはじめ、マンガ化やゲーム化など幅広い展開を果たしてきている。

2017年6月からは「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」のタイトルで待望の劇場映画化されることも発表され、エイトビットが制作、アニプレックスが配給のもと公開される予定だ。物語は架空の近未来の話。かつて超能力と呼ばれていた先天的に備わる能力が魔法という名前で体系化され、その体系化された魔法を扱う職業・魔法師を養成する架空の教育機関・魔法科高校を舞台とした学園バトルアクションである。

国立魔法大学付属第一高校にエリートとして将来を約束された一科生の妹と、その補欠である二科生の兄が主人公。その2人が入学した時から卒業するまでの様子を描いている。劇場映画化をきっかけに、今後も幅広い層からの人気を獲得する作品となるだろう。

魔法科高校の劣等生が好きな方はこんなチケットもおすすめ