魔法少女育成計画は遠藤浅蜊のライトノベルを原作としたTVアニメだ。2016年10月から放送が開始されている。大人気ゲーム「魔法少女育成計画」はごく僅かな割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。魔法少女に憧れる姫河小雪はゲームの力により魔法少女・スノーホワイトになり、同じく魔法少女となった仲間たちと交流を深める。しかし、ゲームの運営から突如として「増えすぎた魔法少女を減らす」と通告されたことにより、生き残りをかけたサバイバルレースが始まる……。可愛らしいキャラクターデザインからは想像もつかない世界観に圧倒されること間違いなし。そんな魔法少女の声を担当するのは東山奈央沼倉愛美佐倉綾音とそれぞれ人気も実力も兼ね揃えている声優ばかりだ。キャラクターソングも発売されており、2017年3月にはキャラクターソングLIVEの開催が決定しているとあって注目を集めている。

魔法少女育成計画の日程

24人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

魔法少女育成計画のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

魔法少女育成計画について

魔法少女育成計画の魅力とは

宝島社による「このライトノベルがすごい!文庫」から刊行されている「魔法少女育成計画」は遠藤浅蜊の人気シリーズ作品だ。2014年には江戸屋ぽち。によりコミカライズがおこなわれ、2015年にドラマCDが発売、そして2016年10月にTVアニメ化している。
漫画、ドラマCD、TVアニメは原作を踏襲しつつも異なるストーリー展開を見せているため、それぞれに違った魅力をもっている。

ゲームの力により本物の魔法少女となったヒロインたちは常人離れした身体能力と、個性ある特殊能力を得て充実した毎日を送っていた。しかし1つの地域に魔法少女が密集して発生してしまったことで、その土地の魔力が不足する事態に。魔力不足を解消するために運営から「魔法少女を半分に減らす」と通告をうけたことから魔法少女同士の選抜試験が開始される。脱落者は命を奪われてしまう過酷な内容から魔法少女の間には様々な思惑が交錯する。最後に生き残るのはどの魔法少女なのか、予想を裏切る展開の連続に1度作品の世界観に触れれば、その魅力に惹きこまれるだろう。

TVアニメは「ご注文はうさぎですか?」シリーズを担当した橋本裕之が務め、シリーズ構成・脚本は「四月は君の嘘」の吉岡たかを、アニメーション制作を「がっこうぐらし!」で話題をよんだLercheがおこなう。サビが印象的なオープニングテーマ「叫べ」を歌うのは今作がアーティストデビューとなる沼倉愛美だ。沼倉愛美はTVアニメでリップル役として出演もおこなっている。

魔法少女育成計画が好きな方はこんなチケットもおすすめ