ハンガリー国立歌劇場とはハンガリーの首都ブダペストを本拠地とする劇場である。オペラを中心にコンサート、バレエなど多彩な公演を行う場所でありガイドによる歴史の案内などを見ることもできる歴史的建造物である。客席数は1200程と他のオペラ座に比べると比較的小さい。しかしネオルネッサンス様式を感じることのできる装いは見る者を圧倒する魅力に溢れている。ハンガリーには多くのオペラ座が存在し、本劇場より格式の高い劇場はたくさんある。それによりハンガリー国立歌劇場にはスターが不在と言われているが、それでもこの劇場が人気となるのはスターがいないことによる、出演者の多彩さである。もちろん世界的スターの出演もあり、公演に慣れ親しんだ人もまだの人も様々な楽しみ方のできる劇場となっている。

ハンガリー国立歌劇場の日程

73人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ハンガリー国立歌劇場の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ハンガリー国立歌劇場のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/26 12:00更新)

ハンガリー国立歌劇場について

ハンガリー国立歌劇場の魅力とは

ハンガリー国立歌劇場とはネオルネッサンス建築を感じることができるブダペストの劇場である。1858年に創設され、これまで数々のオペラ、コンサート、バレエが公演されている。小規模ながらその建築様式や多彩な公演でファンは多く、名だたる音楽家達も愛してきた。創設当時はオーストリア・ウィーンで活躍していた作曲家グスタフ・マーラーが音楽監督を務めるなどその礎を築いてきた。その後も名だたる巨匠が名を連ね、ドイツのロマン派リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス、楽壇の帝王と呼ばれたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督のヘルベルト・フォン・カラヤンなどそうそうたる音楽家達の活動の場となった。専属のオーケストラは「コダーイ」の自作集やハリウッドの映画音楽にも抜擢されている実力派集団であるブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団。劇場はオペラなどの鑑賞以外にも見学ツアーが定期的に開催。ガイドの案内のもとホールからエリザベート王妃の愛したロイヤルシート、王様の階段など数々の名所を見ることができる。各公演の素晴らしさもさることながら、その建物自体の評判もずば抜けて高いのも特徴。昼間と夜ではその姿は大きく変わりただ前を通り過ぎるだけでも不思議な感動に包まれる。

ハンガリー国立歌劇場が好きな方はこんなチケットもおすすめ