マジカル・パンチラインは、2016年から活動を開始した女性アイドルグループ。メンバーは、レナ(佐藤麗奈)、リーナ(小山リーナ)、アンナ(浅野杏奈)、ヒマワリ(清水ひまわり)、ユーナ(沖口優奈)の5人編成となっている。モデルやタレントとして活動していた元アイドリング!!!の佐藤麗奈を中心に2016年2月に結成。他メンバーのオーディションが実施された際は最終審査や人選会議にも佐藤本人が加わっており、彼女がこのグループのリーダーを務めている。グループの通称はマジパンであり、魔法をコンセプトにしたガールズ・ファンタジーユニットとして、コンセプトに基づいた楽曲を発表していることが特徴と言える。

マジカル・パンチラインの日程

88人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マジカル・パンチラインのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 18:00更新)

マジカル・パンチラインについて

マジカル・パンチラインの魅力とは

マジカル・パンチラインは、レナ(佐藤麗奈)、リーナ(小山リーナ)、アンナ(浅野杏奈)、ヒマワリ(清水ひまわり)、ユーナ(沖口優奈)の5人から構成されている女性アイドルグループである。佐藤をリーダーとする5人組グループとして2016年2月に結成され、魔法をコンセプトにした神話や伝説などを世界観に持ったガールズ・ファンタジーユニットとして活動している。

グループのプロデュースは、主にリーダーである佐藤の意見が強く反映されている。衣装デザインに関しても本人が携わっており、メンバー選出のオーディションでは最終審査や人選会議にも加わると言った徹底ぶりが伺える。また、本グループを取り巻く環境を構築しているのは各方面の専門家集団であり、コンセプト・ストーリーはライトノベル作家の八田モンキーが担当。アートワークに関しては「ファイナルファンタジー」シリーズや「キングダム ハーツ」シリーズのイラストを手掛けたアートディレクター・YUU菊池が担当している。楽曲に関しては、アニメ「けいおん!」などを手がけたソングライターであるTom-H@ckがプロデュースしていることでも知られている。今後の活躍が楽しみなグループだ。

マジカル・パンチラインが好きな方はこんなチケットもおすすめ