MAGiC BOYZとは、2014年9月に結成されたヒップホップグループのこと。新高校1年生のMCトーマ、リュウト、マヒロ、小学6年生のDJジョーというメンバーで活動している。選抜ののち、何人かのメンバーの入れ替えを経て現在の形になった。彼らは大人顔負けのラップやDJを披露し、幾多のオーディションに落選した際に感じた反骨精神を歌い上げている。2015年は主催イベント「MAGiC BOYZの渋谷でチル」、2016年には「MAGiC BOYZの渋谷でD.D.T.」を定期開催し、その知名度を広げてきた。主催イベントだけではなく、現在もさまざまなイベントに参加しながら精力的に活動。2017年の6月には、日本屈指のラッパーや新進気鋭のアーティストたちと真正面からぶつかり合う「HMV×MAGiC BOYZ presents カニへ西へ」の開催も予定されている。

マジックボーイズの日程

91人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マジックボーイズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/28 00:00更新)

MAGiC BOYZとは

MAGiC BOYZの魅力について

MAGiC BOYZは、芸能事務所スターダストプロモーションに所属する新高校1年生のMCトーマ、リュウト、マヒロ、小学6年生のDJジョーからなるヒップホップグループのことである。スターダストプロモーションの俳優団体であるEBiDANから誕生した彼らは、2014年の9月に番組「EBiDANアミーゴ」内で選抜されユニット結成に至った。同年11月には、小・中学生のユニットでありながらクラウドファンディングを利用した映画を企画し、サプライズで発表。翌2015年の1月には無事クラウドファンディングが成功し、映画製作が決定。見事主演を務めた。

大人顔負けのパフォーマンスにチャレンジする彼らは、音楽活動も順調である。2015年3月にシングル「MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜」を発売したり、ほぼ毎月、多い時は一ヶ月に4回も主催イベントを開催したりしてきた。その後幾度のメンバーチェンジを重ね、同時に数々のイベントで爪痕を残していく。精力的な活動をおこなっている上にメンバー全員がまだ未成年であるというだけあって将来が楽しみだ。

日本だけではなく、海外も活動視野に入れているという彼ら。ワールドワイドな活躍が期待される彼らに、これからも目が離せない。

マジックボーイズが好きな方はこんなチケットもおすすめ