MADTOWN(マッドタウン)は2014年10月6日にデビューした、韓国発7人組アイドルグループだ。グループ名は『自由奔放で音楽を愛し、遊び心のある7人が集まった』という意味が込められているという。MBLAQを輩出したJ.Tune Campがプロデュースしたグループで、彼らは2年間という徹底した準備期間を経てデビューを果たしている。その圧倒的なパフォーマンス力とビジュアルで、現在は韓国だけでなく海外からも多くのオファーが殺到するほどの人気を集める。実際に日本では、日本デビュー前に行った2015年の単独公演も大成功に収めており、翌年5月には公式ファンクラブもオープンしている。国内外から注目を集めるヒップホップ・グループ「MADTOWN」の情報は、今から要チェックだ。

MADTOWN(マッドタウン)の日程

122人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

MADTOWNのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

MADTOWNについて

MADTOWNの魅力とは

MADTOWN(マッドタウン)は、2014年にアルバム「Mad Town」でデビューしたヒップホップ・ボーイズ・グループだ。メンバーはリーダのムースをはじめとして、デウォン、イゴン、ジョタ、ホジュン、バフィー、ホの7人で構成されている。7人のうち3人がラップを担当しているため、唯一無二のヒップホップ・グループとなりそうだ。MBLAQの弟分としてJ.Tune Campからデビューした彼らは、当初からその整った容姿と実力あるパフォーマンスで多くの話題を集めた。そして2年の準備期間を経てスキルを磨き、デビュー後には海外からも引っ張りだことなる実力派グループとなった。

デビュー曲の「YOLO(ヨロ)」は、韓国の音楽界を牽引するスターであるEXOの「Growl」やSHINeeの「DREAM GIRL」を手がけた「ズームバースミュージック」が共同製作して挑んだものだ。You Only Live Onceという意味が込められた音楽は、多くの人々の心に届いた。メンバーは楽曲や振り付けにも参加しており、一人一人の想いやこだわりがこの音楽に反映していると言えるだろう。今後K-POP音楽界をリードするグループとして、これからの活躍から目が離せない。

MADTOWN(マッドタウン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ