「マディソン郡の橋」は、アメリカの小説家ロバート・ジェームズ・ウォラーの著作のミュージカルである。1995年に映画化された同作は、クリント・イーストウッドがプロデューサー及び監督を務め、世界的なヒットとなった。マーシャ・ノーマンの脚本によりミュージカル化され、2014年バートレット・シアが演出を担当してブロードウェイで公演されるとトニー賞などを受賞した。2018年3月から東京のシアタークリエで公演されることとなった「マディソン郡の橋」。演出は「王家の紋章」などを演出した荻田浩一が担当。主人公の男女は山口祐一郎と涼風真世の実力派の2人が務める。大人の恋愛を描いた名作「マディソン郡の橋」の公演が待ち遠しい。

マディソン郡の橋の日程

77人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マディソン郡の橋の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マディソン郡の橋のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/25 12:00更新)

「マディソン郡の橋」について

「マディソン郡の橋」の魅力とは

「マディソン郡の橋」はアメリカの小説家ロバート・ジェームズ・ウォラーの著作の小説。1995年にクリント・イーストウッドが監督、プロデューサーで映画化された本作は
、クリント・イーストウッドとメリル・ストリープが主演し世界的な大ヒットを記録した。メリル・ストリープは1996年のアカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

アイオワ州の片田舎で出会った平凡な主婦とカメラマンの4日間を描いた不倫をテーマとしたラブストーリー。小さな農場の主婦フランチェスカは、行使の品評会で出会ったカメラマン。ロバート・キンケイドと出会い2人は恋に落ちる。4日を過ごし一緒に街を出ようと誘われるフランチェスカだが、家族を捨てることができずに別れる。時が流れ夫を看取ったフランチェスカはロバートを探すが、彼女の元へ遺品が届く。その中には「永遠の4日間」という写真集が入っていた。

2014年にミュージカルとしてブロードウェイで公演、トニー賞などを受賞した本作。2018年3月から東京のシアタークリエでミュージカル「マディソン郡の橋」が公開される。山口祐一郎と涼風真世が演じる大人の恋物語。劇場へ足を運んで名作を楽しみたい。

マディソン郡の橋が好きな方はこんなチケットもおすすめ