町山智浩は、編集者を経て映画を中心とした評論家、コラムニストとして活動する作家である。学生時代には既に映画への強い関心を示しており、特にSFやアニメ、怪獣映画などに精通した人物として話題。学生時代のアルバイトで編集に携わり、それが縁で宝島社へと入社する。自身で企画・編集を行いながらそのマニアっぷりを見事に発揮。映画通としてファンや業界人の支持を集めいくつものベストセラーとなる著書を発表する。その後現在でも人気の映画雑誌「映画秘宝」を創刊、その後会社を退職するとアメリカへと渡りさらに本格的に映画を学ぶため映画学校へと通う。特に評論家としての活動で日本をはじめ現在住んでいるアメリカでも多くの影響を与える人物で、時には日本未公開映画の公開に向けた活動などもおこなうなど広く映画に関し力を注いでいる。

町山智浩の日程

29人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

町山智浩のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

町山智浩について

町山智浩の魅力とは

町山智浩は、日本そしてアメリカで活動している映画評論家。宝島社を経て映画雑誌「映画秘宝」を創刊。映画の分野で様々な活動を見せている。編集者としての活動経験から紙やネット記事を媒体として活動をおこないながら、表へ出て自らの声で発信することも忘れない。2004年に発表され当時のアメリカにメスを入れた映画「華氏911」への支持や、日本国内で公開されなかった映画作品の公開への活動などをおこない評論家としてだけでない映画に対する活動で支持を集めている。

時代が移り変わり娯楽性が強く表に出始めた1990年代以降の映画に対し並々ならぬ想いを抱いている様子も見せており、かつて自身が魅了された数十年前の映画への想いを熱く語ることもある。学生時代から人並外れた映画の知識と想いを抱いていた彼。当時学生でありながら編集デスクとしても動いており、その当時から注目を浴びる人物であった。映画を表面上だけでなく深く内側から独自の目線で捉える。取材、そして執筆を繰り返し映画評論家としても作家としても後の世に影響を与える人物となる。ラジオ番組やテレビ番組へと出演することもあり、映画を語らせれば右に出る者はいない。日本人映画評論家として大きな存在である。

町山智浩が好きな方はこんなチケットもおすすめ