lyrical school(リリカルスクール)とは、日本のアイドルグループ。2012年に現在のグループ名へと改名、当初はtengal6として2010年から活動していた。清純派ヒップホップアイドルという形でプロデュースされる数少ないジャンルのアイドルであり、活動開始から精力的な活躍を見せる。メンバーの入れ替えが頻繁に行われておりその都度新しいメンバーになりつつも、それを経験としてしっかりと吸収。アイドルとしての実力を確実に高めている。その様子は多くのCDリリースやライブ、さらにはネット番組やテレビ出演などで感じることができ2016年には本人役で映画へも出演している。ヒップホップアイドルという珍しいジャンルだが、ファンはしっかりと実力を見抜き「リリスク」の愛称で親しまれている。

リリカルスクールの日程

72人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リリカルスクールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 18:00更新)

lyrical schoolについて

lyrical schoolの魅力とは

lyrical school(リリカルスクール)とは、2010年にtengal6として活動を開始した国内でも数少ないヒップホップアイドルグループである。当初の活動名であるtengal6とは、プロデュースに株式会社TENGAが協賛企業として参加したことに由来する。その後lyrical schoolhと改名。貴重なジャンルなのは確かであるものの、通称リリスクとしてファンを獲得し、順調にアイドル街道を駆け抜けている。CDリリースにライブ活動にとしっかりとファンに応える活躍を見せ、2017年に新たなメンバーの加入となる新体制となっても当初の勢いは忘れていない。

リリスクの活躍の裏には日本屈指のクリエイターであるtofubeatsのような人材の集合が要因とされる。彼らの作る独特な音楽とアイドルならではのポップな空気が見事融合、一つの完成形となる。ヒップホップアイドルとしての地位を確立しつつあり、本人たちの披露するラップなどヒップホップもサマになっている。中にはアイドルの時代を超えるようなハードなものまで登場し、一時代を築こうともがいている姿も垣間見える。ヒップホップアイドルというジャンルにより、楽曲だけでなく衣装なども意識されているのが分かる。アイドルとしてそしてヒップホップを扱うアーティストとして音楽業界の更なる上を目指して躍進を続ける。

リリカルスクールが好きな方はこんなチケットもおすすめ