ランクヘッドとは2000年に高校の同級生により結成されたロックバンド。独自の世界を生きながらも高い実力を持つバンドグループとして人気になり、バンドファンはもちろん他アーティストからも高い評価を獲得している実力派バンドである。活動から数年はライブ活動を積極的に展開し自身の力を高めていき、2003年には1stミニアルバム、そして1stシングルを発表する。その1stシングル「千川通りは夕風だった」は自主制作にも関わらず多方面で取り上げられるスマッシュヒットを記録。そして2004年には記念すべきメジャーデビューを果たす。精力的な活動はしっかりと継続して行われており、2017年から2018年にかけてはツアーイベントも開催。個性溢れる独自の世界にて抜群の存在感を現している。

ランクヘッド(LUNKHEAD)の日程

64人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ランクヘッドのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/22 06:00更新)

ランクヘッドについて

ランクヘッドの魅力とは

ランクヘッドとは2004年にメジャーデビューを果たし、ファンをはじめ他アーティストからも絶大な支持を集めているロックバンド。メジャーデビュー曲は2004年の「白い声」。本作は非常に高い評価を獲得しており、ノンタイアップという楽曲でありながら様々な場面にて紹介されている。それに合わせてバンドの取材も殺到しておりメジャーデビューと同時に一気に知名度を上げることになる。人気アーティストであるL'Arc~en~Cielのギタリストkenもまたこの楽曲に高い評価を寄せており、トップアーティストも認めるロックバンドとして人気となる。毎年ワンマンライブから他アーティストのライブへの参加など多彩な音楽活動を見せており、音楽活動に関しては豊かな感性を持ち合わせているのが分かる。

メンバーはボーカル&ギターの小高芳太郎、ギター山下壮、ベースの合田悟、ドラムの桜井雄一の4人。2010年までは結成時のメンバーである石川も所属していたが、現在では別の場所でアーティストとして活動している。楽曲のほとんどがボーカルの小高による作詞作曲であり、独創的な世界観は様々な場所で得た影響からである。少しの不快感すら感じる独特なサウンドこそが本バンドの味であり、その感覚を含め高い音楽性を感じるロックバンドである。

ランクヘッド(LUNKHEAD)が好きな方はこんなチケットもおすすめ