LUNA SEA(ルナシー)はデビュー前からすでにチケットがソールドアウトするほどの人気を見せていた。メンバーは、河村隆一J(ジェイ)INORAN、‎SUGIZO、真矢。LUNA SEA(ルナシー)のデビュー当時はそのビジュアルとコンセプトの独自性に注目が集まったが、彼らの魅力は楽曲における演奏技術の高さと自分たちの目指すものへの妥協の無さである。彼らの美学はPVでも、ライブでも貫かれ、その熱狂は伝説を築きあげた。2000年活動休止後、ソロ活動中心であったが2010年再結成。その激しいサウンドは衰えず、更なる円熟味を伴って加速し続けている。

LUNA SEA (ルナシー)の日程

2,853人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

さいたまスーパーアリーナ

森のホール21他6会場

石川・本多の森ホール

茨城県民文化センター

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

LUNA SEAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

LUNA SEA (ルナシー)について

今なお健在の元祖ビジュアル系バンド!LUNA SEA(ルナシー)のライブの魅力とは

LUNA SEA(ルナシー)はインディーズ時代のワンマンライブのチケットさえ即SOLD OUTの連続という破竹の勢いでデビューしたモンスターバンドだ。インディーズながらワンマンで初の全国ライブハウスツアーを行い、初のホールワンマンでも動員数1,250人を記録し、チケットはSOLD OUTとなるほど高い人気を見せていた。

LUNA SEAのライブで演奏される楽曲は、メンバー全員が作詞及び作曲に参加して作り上げるスタイルである為、オリジナルの世界観が楽しめるものとなっている。またCDのリリース前にライブで楽曲を発表することもある為、ライブの楽曲構成は、魅力あふれるものとなっている。

2000年には一度バンドの終幕を宣言して音楽活動を休止したが、その休止期間中もファンクラブは活動しており、2010年に音楽活動を再開した現在でもライブの人気は衰える事を知らない。

そんなLUNA SEAのライブでは、1994年リリースの「ROSIER」を歌うことが定番となっている。また、観客による一斉ライター点火も見ものだ。ライブでこそ味わえる臨場感、一体感を、是非感じ取ってみてほしい。日本の一時代を築き上げたバンドのライブに足を運んでみよう。

LUNA SEA (ルナシー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ