ルーカスゲニューシャスは、モスクワ生まれのピアニスト。音楽一家に生まれた彼は、モスクワ音楽院の教授で祖母のヴェ―ラ・ゴルノスターエワにピアノを教わり、モスクワ音楽院を主席で卒業する。2010年のショパン国際コンクールで第2位に入選するなど世界各地のコンクールで優秀な成績を収めてきた。数多くの交響楽団と共演し、世界で活躍をしている若手ピアニストなのである。NHK交響楽団との共演を果たした彼は定期的に来日公演をおこなっており、日本でのファンも多数獲得している。これからも進化を続けるルーカスゲニューシャス。2017年9月には東京文化会館でピアノリサイタルがおこなわれる、その演奏を聴きに、ぜひとも会場まで足を運んでほしい。

ルーカスゲニューシャスの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ルーカスゲニューシャスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ルーカスゲニューシャスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/18 18:00更新)

ルーカスゲニューシャスについて

ルーカスゲニューシャスの魅力とは

ルーカスゲニューシャスはロシア出身のピアニスト。音楽一家に生まれた彼は、モスクワ音楽院の教授でもある祖母のヴェ―ラ・ゴルノスターエワからピアノを習い、また大きな影響を受けた。2008年モスクワ音楽院を主席で卒業し、その後アメリカのユタ州でおこなわれた「ジーナ・バッカウアー国際ピアノ・コンクール」で優勝。2010年の「ショパン国際コンクール」で第2位に入賞するなど数々の有名コンクールで上位に入賞する。2012年には「フランクフルト・アム・マイン」でジャーマン・ピアノ・アワードを受賞。2015年にモスクワで開催された「第15回チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門では第2位を獲得した。

世界中の交響楽団との共演やコンクールの演奏で高い人気を得ているルーカスゲニューシャス。たびたび来日公演を開催しているため日本のファンも数多い。2016年1月にはNHK交響楽団と共演し、「ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18」などを演奏した。2017年、東京文化会館で「ルーカス・ゲニューシャスピアノ・リサイタル 2017」の開催が決定。世界で活躍する若手ピアニストの演奏をこの機会に堪能しよう。

ルーカスゲニューシャスが好きな方はこんなチケットもおすすめ