ルートヴィヒ室内管弦楽団とは東京都文京区を活動拠点とするアマチュアオーケストラである。2002年に創立しモーツァルトやベートーベンなど、古典派から浪漫派初期の作品を中心に小編成で活動している。識者を務める鷲見譲治は関西フィルハーモニー管弦楽団や東京シティーフィルハーモニック管弦楽団などでオーケストラの指揮など多くの公演に携わっている。年2回の演奏会をメインの活動として行っており、毎回ソリストとして活躍する演奏家をゲストに招いている。2回の定期演奏会のうち8月の演奏会では一貫した音楽スタイルを追求したベートーベンの交響曲を取上げ、2月に行われるスプリングコンサートではバラエティーにとんだ様々な企画ものに取り組んでいる。

ルートヴィヒ室内管弦楽団の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ルートヴィヒ室内管弦楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ルートヴィヒ室内管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

ルートヴィヒ室内管弦楽団について

ルートヴィヒ室内管弦楽団の魅力とは

ルートヴィヒ室内管弦楽団はモーツァルトやベートーベンなど、浪漫派初期の作品や古典派などをを中心に、小編成にて活動しているアマチュアオーケストラだ。
年2回の演奏会を主な活動として行い、2月のスプリングコンサートでは様々な企画に取組んでいる。

近年のスプリングコンサートの内容としては2014年に行われた第12回スプリングコンサートではトロンボーンに竹田年志を迎え、ホアン・クリソストモ・アリアーガの歌劇「幸福な奴隷」序曲やロベルト・シューマン交響曲第1番「春」、2015年に行われた第13回スプリングコンサートではバイオリンに浜野考史を迎えフランソワ=アドリアン・ボイエルデューの歌劇「パリのジャン」序曲やカミーユ・サン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソなどバラエティーにとんだ楽曲での演奏となった。
8月の定期演奏会では毎回ベートーベンの交響曲を演奏を行っており2015年に行われた第13回定期演奏会ではルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンのコリオラン序曲と交響曲第7番が演奏された。

2016年行われる第14回定期演奏会では埼玉県にある彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホールにて8月21日に行われる。
演目にはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの交響曲第2番とヨハネス・ブラームスの交響曲第2番が予定されている。
ひとりひとりの音楽がオーケストラに反映される小編成のメリットを堪能できるルートヴィヒ室内管弦楽団の演奏をぜひ生で体感していただきたい。

ルートヴィヒ室内管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ