LUCIFER(ルシファー)はハードロックバンドである。所属はカテドラルのリー・ドリアンが主宰するレーベル、ライズ・アバヴ。前身となるバンドジ・オースがドイツの女性シンガーのヨハナ・サドニスと、スウェーデンの女性ギタリストであるリネア・オルソンが中心となり2012年に結成された。しかし1枚のアルバムをリリースして2014年に解散。それを機にヨハナがジ・オースのドラマーであったアンドリュー・プレスティッジと共に新たなバンドとしてLUCIFERを結成。そこにネータ・シモーニやディーノ・ゴルニックが加入し本格的に始動。「Anubis」と「Morning Star」の2曲を収録した7インチ・シングルをリリースした。

LUCIFER(ルシファー)の日程

4人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

LUCIFERの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

LUCIFERのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 12:00更新)

LUCIFER(ルシファー)について

LUCIFER(ルシファー)の魅力とは

メンバーも固まり大きく羽ばたき始めたハードロックバンドLUCIFER。所属はカラドラルのリー・ドリアンが主宰するレーベル、ライズ・アバヴ。ドイツの女性シンガーのヨハナ・サドニスと、スウェーデンの女性ギタリストであるリネア・オルソンが中心となり2012年に結成されたバンド、ジ・オースが1枚のアルバムをリリースし2014年に解散。それを機にヨハナがジ・オーズのドラマーであったアンドリュー・プレスティッジと共に新たなバンドとしてLUCIFERを結成した。そこにネータ・シモーニやディーノ・ゴルニックが加入し本格的に始動。「Anubis」と「Morning Star」の2曲を収録した7インチ・シングルをリリースした。その後にネーターが脱退するも、後任として元カテドラルのギャリー・ジェニングスが電撃加入。これにより作曲面の全面的なサポート受けてデビューアルバム「ルシファー Ⅰ」をリリースした。ザ・オースより続くオカルト・ハード・ロック・サウンドを世界に発信し続けている。2016年には来日公演も行っており、日本でLUCIFERの楽曲を楽しめる機会も訪れることだろう。それまでは彼らの音源を聞いて待ち望もう。

LUCIFER(ルシファー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ