Lucas Debargueはフランス出身のピアニストである。10代の頃から独学でピアノを学んだLucas Debargue。ピアノも持っておらずジャズで生計を立てていた。コンクールを受けると聴衆から絶大な支持を受け、クラシックの音楽事務所CAMIと契約。その後ソニークラシカルとの専属契約を結んだ。ピアノと言えば幼少期から毎日英才教育を受け、名門校で学ぶのが通例となっている中、Lucas Debargueの才能をうかがい知ることが出来る。2014年、アディリア・アリエヴァ国際ピアノコンクールで優勝を飾り、2015年にはモスクワで開催の第15回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門で4位に入賞。特別にモスクワ音楽批評家協会賞を受賞している。

Lucas Debargueの日程

16人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

兵庫県立芸術文化センター

広島文化学園HBGホール他1会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Lucas Debargueのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

Lucas Debargueについて

Lucas Debargueの魅力とは

Lucas Debargueはピアノも持っておらずジャズで生計を立てていたが、コンクールを受けると聴衆から絶大な支持を受け、クラシックの音楽事務所CAMIと契約。
その後ソニークラシカルとの専属契約を結んだ。ピアノと言えば幼少期から毎日英才教育を受け、名門校で学ぶのが通例となっている中、Lucas Debargueの才能をうかがい知ることが出来る。
2014年、アディリア・アリエヴァ国際ピアノコンクールで優勝を飾り、翌2015年にはモスクワで開催の第15回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門で4位に入賞を果たす。4年に1度開催という世界的権威を持つコンクールで反響を呼び、モスクワ音楽批評家協会賞を参加者の中で唯一の受賞者だったLucas Debargueは名だたるクラシックの巨匠たちから賛辞を贈られる。
2016年には待望のデビュー盤「Lucas Debargue」が日本にて先行リリース。同年には初のスタジオアルバムとなる「BACH BEETHOVEN MEDTNER」を発表。ソロコンサートの開催の他に、著名なオーケストラとのアンサンブル共演、そして日本でも巨匠ギドン・クレーメルとのデュオ コンサートツアーの敢行など、世界を賑わせる天才の本格的な才能から目が離せない。

Lucas Debargueが好きな方はこんなチケットもおすすめ