ミュージカル 恋するヴァンパイア取扱中!「恋するヴァンパイア」は、2018年に上演される舞台ミュージカル作品。2015年に桐谷美玲主演で映画が公開された本作。映画版と舞台版では主人公が男女逆転しており、それに合わせ物語も変更されている。映画版ではヴァンパイアでありながら正体を隠し人間として生きる少女キイラを主人公に、舞台版ではヴァンパイアの世界で生きある日人間界で運命的な出会いを果たす少年・哲を主人公としている。2人の作品に共通するのは人間とヴァンパイアの間に存在する見えない壁。その大きな障害を乗り越えた時、それぞれの恋は進展することになる。映画版で主人公が恋する少年哲役には戸塚祥太、そして舞台版の主人公哲役も同じく戸塚祥太が務めている異色の作品となっている。

ミュージカル 恋するヴァンパイア

424人が登録中

枚数

席種

全て

天王洲 銀河劇場他1会場

森ノ宮ピロティホール

未分類

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

恋するヴァンパイアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/22 18:00更新)

「恋するヴァンパイア」について

「恋するヴァンパイア」の魅力とは

「恋するヴァンパイア」は、ヴァンパイアと人間の恋とそこに立ちはだかる数々の困難を描いた人種を越えたラブストーリーが展開する恋愛作品。2015年に映画版が公開され、小説版そしてコミカライズされた漫画版もまた人気を博した作品だ。映画版は原作通りの少女キイラを主人公にした物語が展開された。主人公こそヴァンパイアだが王道のラブストーリーが展開し、女性目線の色とりどりな恋模様を描き出している。キイラ役には桐谷美玲、彼女が恋する少年には戸塚祥太が起用されその他三戸なつめ、田辺誠一、大塚寧々、さらにモン・ガンルー、チェ・ジニョクなど海外俳優も出演する意欲作となった。

2018年に全く別のストーリー展開が発表されている舞台ミュージカル版が上演される。舞台版は映画とは違った物語が特徴の一つで、同時にミュージカル作品にも生まれ変わり歌にダンスにとステージ上を彩りながら物語のベースとなる人間とヴァンパイアの恋を描く。色鮮やかなミュージカルを2018年に東京を皮切りに広島、大阪、そして再び東京へと戻り上演。エンターテインメント性溢れる作品であり、同時に全国を恋の力で包み込む。

恋するヴァンパイアが好きな方はこんなチケットもおすすめ