ラウドネス(LOUDNESS)は、4人組のへヴィメタルバンドだ。レイジー(LAZY)として活躍した高崎晃と樋口宗孝を中心に結成され、全米デビューするなど海外でも活躍し数多くのアーティストに影響を与えた。メンバーの入れ替えが頻繁にあったが、現在も精力的に活動を行っている。ラウドネスのライブ魅力は、まずはメンバーの演奏テクニックを肌で感じられること。メンバーそれぞれが高度なテクニックでプレイするのを真間近で見られるのはライブだけである。また、メタルやロック好きにはたまらない音楽を変わらず届けてくれるところもラウドネスの魅力だ。重厚感がありながらスピード感もある楽曲が多く、軸がぶれることなく結成から30年以上が経った今でもメタルファン、ロックファンを魅了し続けている。

ラウドネス LOUDNESSの日程

311人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラウドネスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

ラウドネスについて

ラウドネスの魅力とは

ラウドネスは、1981年に結成されたヘヴィメタルバンドだ。現在のメンバーは二井原実(Vo.)、高崎晃(Gt.)、山下昌良(Ba.)、鈴木政行(Dr.)の4人で構成されている。1981年にアルバム「THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜」でデビューを果たし、浅草国際劇場にて行われたデビューコンサートではチケットを即完させた。1983年にはアメリカとヨーロッパでのツアーを達成し、その勢いをさらに加速させる。翌年には彼らの圧倒的なセンスと存在感が見出され、レッド・ツェッペリンらを輩出したアメリカの大手レーベルと、「7年間でアルバム7枚をリリースする」という契約を果たすこととなった。同年12月に発表したシングル「CRAZY NIGHT」は大ヒットを記録している。

1985年には第5作目のアルバム「THUNDER IN THE EAST」をリリースし、邦楽ロックバンドでは史上初となるビルボードアルバムチャート74位を達成した。さらに彼らは全世界で8000万枚以上の売り上げを誇るヘヴィメタルバンド「モトリー・クルー(Mötley Crüe)」のサポートアクトにも抜擢されている。そのサポートとしてのツアーを通じ、アジア人アーティストとして初となる「マディソン・スクエア・ガーデン」のステージに立つ快挙を成し遂げた。その後もラウドネスは各国のロックフェスへの出演や世界ツアーを通じて、国内外で不動の地位を築いてきた。彼らは全世界を股にかけて活躍するヘヴィメタルバンドとして、これからも伝説を生み出し続けてくれることだろう。

ラウドネス LOUDNESSが好きな方はこんなチケットもおすすめ