ゆず チケット
ゆずの名曲は結婚式にもぴったり♡シーン別にゆずのウェディングソングをご紹介!

1990年代のストリートミュージシャンの先駆け的存在として一躍大ブームを起こし、その知名度を今日まで上げてきたゆず。2014年の今年は全国アリーナツアーも決まり、その人気ぶりはまだまだ急上昇!

ゆずが歌う曲は、ギター・ハーモニカ・タンバリンを使った明るいノリのいいメロディばかりです。シンプルで誰にでも受け入れやすので、幅広い世代から支持を受けています。

そんなフォークデュオをジャンルとする彼らの音楽には、どのような曲がウェディングソングに合うのでしょうか。そこで、幸せなカップルのセレモニー・結婚式にぴったりなゆずの曲を、シーン別にいくつか挙げてみました!あなたの思うウェディングゆずソングと比較してみてくださいね♪

ゆず結婚式ソング①披露宴の新郎新婦入場シーンには「うまく言えない」

結婚披露宴の新郎新婦入場は大切なオープニングです。入場シーンのBGMでその式の印象がどう受けとめられるか、一番の悩みどころですね!そんな重要なスタート曲に、ゆずの「うまく言えない」。

愛してるという気持ちを伝えたいけどうまく伝えられない、というもどかしい感じが歌われています。少し切ないけれど想いがあふれたラブソングで入場すれば、ゲストの心もグッと掴めることでしょう♪

ゆず結婚式ソング②ケーキ入刀にはやっぱり「いちご」

結婚式の注目イベントといえば、なんと言ってもケーキ入刀!厳粛な式が終わって、会場中が明るく楽しい雰囲気に変わるシーンです。

ゆずの曲でいえば、ケーキだけにまさに「いちご」でしょう!さらに、苺を使ったウェディングケーキなら言うことなし!軽快なリズムに可愛らしい曲調がぴったりではないでしょうか。ファーストバイトにも勢いがつきます♪

ゆず結婚式ソング③ゲストがゆったり食事・歓談できる「みらい」

盛り上がった後は、ゲストがリラックスしていただくための食事や歓談を楽しむ時間です。この時は、豪華な料理を味わったり、おしゃべりに花が咲く場なので、ゆったり落ち着いたメロディの「みらい」を。

横浜開港150周年記念テーマソングでもあったこの曲は、未来へ進むという明るく前向きな歌詞がまた相応しいのではないでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。