ゆず チケット
ゆずの夏色が夏の記憶に強く色づいている…?

ストリートミュージシャンから国民的なフォークデュオにまで成長したゆず

彼らの作り出す音楽は多くの人に愛されてきました。「いつか」「栄光の架け橋」「逢いたい」、ヒット曲は数多くありますよね。

ここではそんなゆずのヒット曲の中から、初期のヒット曲である「夏色」に注目したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

ゆずのヒット曲「夏色」

ゆずのヒット曲「夏色」は、1998年6月3日に発売されました。

ゆずにとって記念すべきデビューシングルである本作には、カップリングに「大バカ者」「贈る詩」の2曲も収録されています。

現在では「夏に聴きたい」定番の楽曲にもなっていますよね。それにしても、デビューシングルからいきなり売れるとは、さすがゆずの実力が伝わってきます。

夏の定番曲、ゆずの「夏色」の歌詞を見てみよう

ここではゆずの「夏色」の歌詞を見ていきましょう。

歌詞を読むと目の前に景色が浮かんでくるのではないでしょうか。夏の季節、どこかの田舎でこんな景色を見かけたときは、ぜひ「夏色」を聴いてみてくださいね。

「夏色」

懐かしい、ゆずの「夏色」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはゆずの「夏色」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのはミュージックビデオです。今見ると、デビュー直後のゆずの映像はとっても懐かしいですよね。

ギターを弾きながら歌うゆず、そして海辺で戯れ合うふたり、仲の良さがビデオを通して伝わってきます。サビで主旋律を歌うのは岩沢厚治、コーラスは北川悠仁。

最後だけ岩沢厚治が三度上に移るというのも素敵なアレンジです。

桜井和寿もコーラスで参加! ゆずの「夏色」のap bank fes出演時の動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、ゆずがap bank fesに出演したときの映像です。

冒頭からライブの盛り上げ方が上手な北川悠仁の様子が分かりますよね。

会場が温まったところで「1、2、3、4」と始まる「夏色」。

楽曲の途中ではミスチルの桜井和寿の歌も聴くことができます。ap bank fesは出演者も演奏者もとっても豪華ですよね。

ファンの方、ぜひ見ておきたい動画に仕上がっています。

ゆずのおすすめ記事

ゆずのライブに行けば「夏色」を聴けます!

ゆずのヒット曲「夏色」のご紹介、いかがだったでしょうか。デビュー曲ながら現在も人気があるというのはすごいことですよね。チケットキャンプではゆずのチケットを取扱中です。

ゆずのライブでは、「夏色」のほかにも明るいナンバーや、美しいミディアムナンバーまで幅広い楽曲を聴くことができます。ぜひゆずのライブに行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。