ゆず チケット
ゆず 岩沢のここが魅力!美声と多彩なる才能の原点とは…?

神奈川県横浜市出身の北川悠仁と岩沢厚治の二人組から成る、フォークデュオのゆず。音楽活動としてはストリートミュージシャンから始まり、ギターやハーモニカなどさまざまな楽器を使った明るいアップテンポな楽曲が人気になりました。

今では日本を代表するミュージシャンまでに成長した二人ですが、ここではゆずの一人、岩沢厚治にスポットライトを当ててみました。ゆずのサブリーダーであり、ゆずの「ず」を担当する岩沢という人物を、今一度のぞいてみましょう♪

ゆず・岩沢のここが魅力!基本プロフィール編

「厚ちゃん」「岩ちゃん」などの愛称で呼ばれている、ゆずのサブリーダーを務める岩沢厚治。

北川と同じく横浜市磯子区出身で、1976年10月14日生まれのO型です。ギターを弾き始めたのは、中学時代の誕生日プレゼントにもらったヤマハのギターがきっかけで、見事にハマったそう。

そこから岩沢の音楽活動が始まり、友人とバンドを組んでBOOWYのコピーをしていました。ちなみにそのバンド名は「フィール」。高校に進学すると長渕剛に影響を受け、その頃から一人で路上デビューをしていたという話です。

ゆず・岩沢のここが魅力!歌声編

彼の特徴は、なんといっても伸びのあるハイトーンボイス!よく響くきれいな高音が出せるのも、天然のミックスボイスの持ち主だからだそう。

ミックスボイスとは、高音を出す発声技法の一つで、岩沢の特徴的な高音は天然で出しているとのことです。低音パートの北川にうまくハモることができるのも、彼の持つ歌唱力があってこそでしょう♪

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。