ゆずの表裏一体 モノクロと幾何学模様でできたPVがかっこいい!

1997年に『ゆずの素』でデビュー。

ストリートミュージシャン出身のゆずは日本を代表するフォークデュオへと成長を遂げました。北川悠仁と岩沢厚治によるハーモニー、絶品ですよね。

ここではゆずのヒット曲「表裏一体」をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ゆず 表裏一体
(出典:www.hmv.co.jp)

ゆずのヒット曲「表裏一体」

ゆずのヒット曲「表裏一体」は、2013年12月25日に発売されました。

劇場版アニメ『HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』の主題歌に起用され大ヒットを記録。また、カップリングには「値札」を収録。

路上ライブを行っていたときに作られたという作品は、ファンならぜひ聴いておきたい作品に仕上がっています。表題曲と一緒にお楽しみください。

ゆずの「表裏一体」が収録されているアルバム『新世界』

ゆずの「表裏一体」が収録されているアルバムは、2014年2月19日に発売された『新世界』です。

前作から9か月という短いスパンで発売された本作は、「ヒカレ」「雨のち晴レルヤ」「友 ~旅立ちの時~」などのヒット曲を含む全15曲を収録しています。蔦谷好位置や前山田健一といった名プロデューサーとタッグを組んで作る作品はどれも珠玉のものばかり。

ぜひアルバムを通して「表裏一体」の世界に触れてみてください。

ゆずの「表裏一体」の歌詞を見てみよう

続いて、ゆずの「表裏一体」の歌詞を見ていきましょう。

ゆずの作品の多くは原曲者である方が作詞を行うことが多いのですが、「表裏一体」は作詞作曲ともに、北川悠仁・岩沢厚治・前山田健一のクレジットになっているのが特徴です。3人によって紡がれる歌詞はとても深い意味が込められている難解なもの。

ゆずのメッセージ、しっかりと受け止められたでしょうか。

「表裏一体」

表裏一体 指で弾くコインが 宙(そら)に舞う
僕はいったい どっちの結末 願う

ゆずの「表裏一体」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはゆずの「表裏一体」を動画と一緒に見ていきましょう。

ご紹介するのはミュージックビデオです。オフィシャルからフルバージョンが配信されているのは嬉しいところ。ゆずのふたりによる美しいメロディはもちろんのこと、プロデュースを手がける前山田健一の色も強く感じることができる「表裏一体」は、音楽ファンなら聴いておきたい作品に仕上がっています。

モノクロと幾何学模様でできたミュージックビデオもカッコ良いですよね。

ゆずのおすすめ記事

ゆずのライブに行こう

ゆず 表裏一体2
(出典:kunichanchan.blog.so-net.ne.jp)

ゆずの「表裏一体」のご紹介、いかがでしたでしょうか。めまぐるしい展開も魅力たっぷりでしたよね。チケットキャンプではゆずのチケットを取扱中です。ふたりが築く歌の世界、ぜひ生で感じてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。