【約5年ぶり!】ゆず全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」気になる会場や座席について徹底解明!

2017年である今年は、デビュー20周年のメモリアルイヤーであるゆずの二人!全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を開催することを発表し、大変話題となりました。ライブの前に、各会場のアクセスやキャパシティなどの基本情報の他に、一番知っておきたい座席情報についても徹底解明していきます。この記事を読めば、ゆずの全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の座席や会場情報はバッチリです!

2017年にデビュー20周年を迎えたゆず!「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の開催が決定!

(画像引用:photoACより)

2017年である今年は、デビュー20周年のメモリアルイヤーであるゆずの二人。9月から11月まで約5年ぶりとなるホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」を開催することを発表し、ファンを多いに沸かせました。

ライブに参加するならば座席はもちろんのこと、やはり会場のアクセス方法やキャパシティなどは知っておきたいところですよね。

今回は、ゆず「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」について、座席表や各会場の詳細について詳しくご紹介していきたいと思います。

ゆずのおすすめ記事をチェックしよう!

ゆず全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の詳細について

今回のゆずの全国ホールツアーは、実に約5年ぶりに開催されるというだけあって、大変話題となっていますね。9月21日(木)の熊本公演を皮切りに、最終日の11月10日(金)の横浜公演まで、ゆずの二人は勢いよく駆け抜けます!

それでは、ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の開催日程についてご紹介していきましょう。

【YUZU HALL TOUR 2017 謳おう】

2017年9月21日(木)熊本・熊本県立劇場演劇ホール

2017年9月23日(土)長崎・長崎ブリックホール

2017年9月27日(水)石川・金沢歌劇座

2017年9月30日(土)北海道・函館市民会館

2017年10月2日(月)青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)

2017年10月10日(火)愛媛・松山市民会館

2017年10月12日(木)鳥取・米子コンベンションセンターBiG SHiP

2017年10月16日(月)大阪・フェスティバルホール

2017年10月17日(火)大阪・フェスティバルホール

2017年10月24日(火)愛知・センチュリーホール

2017年10月25日(水)愛知・センチュリーホール

2017年11月7日(火)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

2017年11月8日(水)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

2017年11月10日(金)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

大阪、愛知、横浜の3か所では、1日だけでなく複数公演が行われます。平日の公演ではありますが、大きな都市で地方からの遠征組にもアクセスしやすい会場なのが嬉しいですね。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 熊本・熊本県立劇場演劇ホール

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の熊本公演は、熊本県立劇場 演劇ホールにて9月21日(木)に開催されます。このツアーの幕開けとなる熊本公演では、いったいどのようなステージを魅せてくれるのかとても楽しみですね!

基本情報

  • 熊本県立劇場 演劇ホール

住所:〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江2−7−1

電話番号: 096-363-2233

座席表について

熊本県立劇場 演劇ホールのキャパシティは1,172人となっており、地階、1階、2階から構成されている会場です。

地階は421席、1階は456席、2階は284席ですが、あまり高低差を感じない座席の並びになっていますから、2階席であってもステージはよく見えるのが嬉しいですね。

ゆずの二人を近くでじっくり見たいのなら一番ステージに近い、16列までの地階席がおすすめですが、会場全体を見渡しながらライブを堪能したい方は、2階席の1列目付近がいいでしょう。少し目が悪い方なら、2階席であれば双眼鏡はあったほうが、ゆずの二人の表情をしっかりと確認することができます。

トイレ・コインロッカーについて

熊本県立劇場 演劇ホールの中、地下には出入り口付近と北側に1つずつ、1階はホワイエのすぐ外に出たエントランスホールに1つ、事務室、東玄関付近に1つ、2階席にも1つあります。

コインロッカーについては、演劇ホールの北側に1か所、ホワイエの外にある事務室付近にも1か所あります。

アクセス

  • 電車の場合

JR水前寺駅から徒歩10分

  • 車の場合

熊本I.Cから車で15分

益城熊本空港I.Cから車で18分

駐車場に関しては、熊本県立劇場内に専用駐車場がありますので、そちらを利用してください。

県立劇場内駐車場 普通車は490台(400円)バス5台(800円)

(引用:熊本県立劇場 交通アクセスより)

周辺施設

熊本県立劇場の周辺には、たくさんの飲食店がありますから、終演後や開場前の腹ごしらえや時間つぶしなどに最適なお店には困らないでしょう。中には、劇場で行われたコンサートなどのイベントのチケットを提示すると特典が受けられる店舗もありますから、熊本県立劇場の公式サイトなどで事前にチェックしていくといいですね。

中でも、私立図書館前にある「緑亭」というお店では「熊本名代大名ちゃんぽんラーメン」が食べられますから、熊本のこの地ならではのメニューを楽しむことができます。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 長崎・長崎ブリックホール

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の2か所目は、9月23日(土)に長崎県の長崎ブリックホールで開催されます。

ブリックホールといえば、名誉館長にさだまさしさんが就任していることでも話題ですが、この会場では、毎年長崎大学の入学式と卒業式が行われていることでも有名ですね。

基本情報

長崎ブリックホール

住所: 〒852-8104 長崎県長崎市茂里町2−38

電話番号:095-842-2002

座席表について

キャパシティは2,002席と、ホールの中でも比較的大きい会場である長崎ブリックホールですが、1階席と2階席から構成されており、縦に長いため1階席後方や2階席では双眼鏡があったほうがゆずの二人の表情がよく見えるでしょう。

ゆずの二人を近くでよく見たいのなら、1階席AA列~O列までの席がオススメです。歌っている時の表情や滴る汗までしっかり見えるのがこの座席です。

トイレ・コインロッカーについて

1階には、エントランスホールから大ホールへ向かう通路に1つ、大ホール2階へ続く階段横に1つあります。2階にはトイレはありませんが、3階には3‐E扉の横と、3‐F扉の横に1つずつあります。

コインロッカーは、2階の北側にある階段の奥の1か所のみですから、確実に利用できるかどうか心配な方は、最寄り駅などでコインロッカーを利用するのも一つの手でしょう。

アクセス

  • 電車の場合

JR浦上駅から徒歩5分

  • 路面電車の場合

路面電車・バス茂里町停留所下車徒歩3分

  • 車の場合

ブリックホール専用の駐車場はありませんが、ホールの隣には市営地下駐車場がありますのでそちらを利用するようにしましょう。

料金については、以下の通りです。

<隣接市営有料駐車場 >
駐車場収容台数: 152台
出入庫時間: 8:00〜22:00
料 金: 最初の30分130円、その後30分毎に120円

(引用:長崎ブリックホール アクセスより)

周辺施設

長崎ブリックホールのすぐ近くには、みらい長崎ココウォークというショッピングモールがあります。

この4階がレストラン街となっており、長崎の食材を使った料理が味わえる「ごはんと長崎うまかもん 竹村商店」や粉もん大好きな方にぴったりな「もんじゃ焼・お好み焼 優乃華」など、さまざまな店舗がありますから、お好みの飲食店を見つけてみて下さいね。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 石川・金沢歌劇座

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の3か所目は、9月27日(水)に石川県の金沢歌劇座にて行われます。

基本情報

石川・金沢歌劇座

住所:〒920-0993 石川県金沢市下本多町6番丁27番地

電話番号: 076-220-2501

座席表について

金沢歌劇座のキャパシティは1,919人となっており、石川県の中で最大クラスのホールとしても知られていますね。

1階席は1,230席、2階席は689席で構成されており、ゆったりとした座席なのも嬉しいポイント!ゆずを間近に感じたい方は1階席の13列以内の座席であれば、ゆずの二人をじっくり見ることができます。2階席最前の31列目の座席も、ステージを見下ろす形になるので見やすい座席と言えるでしょう。

双眼鏡については、1階後方席と2階後方席はステージとの距離がかなり空いてしまうので、双眼鏡はあるとよいでしょう。

トイレ・コインロッカーについて

トイレについては、金沢歌劇座の1階ホール前に1つ、ロビーの事務室の反対側に1つあるほか、3階には、客席入口脇にあります。

コインロッカーに関しては、公式サイトにも記載されておりませんので、館内にはロッカーがないようです。手荷物はできるだけ少なくするか、ロッカーを使用したい方は金沢駅にあるものを利用しましょう。

アクセス

  • 電車の場合

JR北陸本線 金沢駅下車

  • バスの場合

北陸鉄道バス または 城下まち金沢周遊バスに乗車、金沢駅東口より「本多町」下車

  • 車の場合

駐車場に関しては、専用駐車場はあるのですが、収容台数が76台とかなり少なめ。コンサートなどのイベントが行われる際にはすぐに埋まってしまうため、なるべく早めに駐車してしまうか、近隣の有料駐車場を利用しましょう。

周辺施設

金沢歌劇座の周辺には飲食店が少ないため、なるべくならば最寄り駅である金沢駅周辺で腹ごしらえするのもいいですね。金沢歌劇座内にはレストラン「ほんだの森」があります。カレーやピラフ、パスタなどの他に、ケーキも楽しむこともできますので、歌劇座内レストラン「ほんだの森」に訪れてみてはいかがでしょうか。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 北海道・函館市民会館

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の北海道公演は、函館市民会館で行われます。

基本情報

北海道・函館市民会館

住所:〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目32−1

電話番号: 0138-57-3111

座席表について

函館市民会館のキャパシティは1,370人と、コンパクトな会場でもあります。この会場の珍しいところは、通常のホールであれば1階や2階などと席が別れていますが、この函館市民会館はなんとワンフロア!どの席でもみやすく、双眼鏡もほとんど必要ないでしょう。

それでもなるべくアーティストの近くでライブを聴きたいと思うのは当然のこと。最前列のあ列~こ列であれば、ゆずの二人のパフォーマンスをしっかり見られるのではないでしょうか。

トイレ・コインロッカーについて

函館市民会館のトイレは1階ホワイエに1つ、2階と3階にも1つずつあります。コインロッカーについては館内図に書かれていないため、ロッカーはないと考えていいでしょう。

アクセス

  • 電車の場合

函館駅から市電で「函館アリーナ前(市民会館前)」 下車徒歩3分

  • バスの場合

「市民会館前」下車徒歩3分

  • 車の場合

函館市民会館専用の駐車場があり、施設を利用すると2時間無料で利用できるという嬉しいサービスがあります。

周辺施設

函館市民会館周辺にもたくさんグルメスポットがあるのですが、北海道と言えばラーメンとジンギスカン!函館市民会館のそばには、「ラーメン まいど maido」や「ブルートレイン」のラーメン屋さん、「ジンギスカン テムジン」など、魅力的なお店がいっぱいです!

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の青森公演は、10月2日(月)にリンクステーションホール青森(青森市文化会館)にて行われます。

地域文化活動の拠点としての役割も担っているリンクステーションホール青森は、芸術作品の展示室のほかに茶室も備えている施設として、さまざまな催しが開催されている施設です。

基本情報

青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)

住所:〒030-0812 青森県青森市 堤町1丁目4−1

電話番号:017-773-7300

座席表について

リンクステーション青森(青森市文化会館)のキャパシティは2,031人とされており、1階と2階で構成されているホールです。1階席は1,095席、2階席は936席となっており、座席が直線状ではなく湾曲状に配置されているため、どの席でもステージが見やすい作りになっています。前後左右がゆとりのある座席配置になっているのもうれしいですね。

おすすめ席は、ステージ上のゆずの表情がしっかり見ることのできる1階席のあ列~そ列でしょう。1階席な列~へ列付近の後方席では双眼鏡があったほうが安心です。

トイレ・コインロッカーについて

リンクステーション青森(青森市文化会館)のトイレは、1階は玄関ロビー横のCafe「あおいとまと」の付近に1つ、会場わきに1つずつあります。2階には東側に1つ、4階にも東側に1つです。

コインロッカーについては、1階正面玄関横にあります。

アクセス

  • 電車の場合

<JR新青森駅(南口)から市営バス乗車>
●JR青森駅でバスを乗り継ぐ場合
新青森駅バス時刻表をご参照のうえ、「青森駅前」行き乗車。
●JR新青森駅からバスの乗換なしでお越しの場合
※乗り換えがなく便利ですが、バスの便数は多くありません。
新青森駅バス時刻表をご参照のうえ、「東部営業所」行き または「県立中央病院前」行き 乗車。文化会館前停留所下車、バス進行方向へ徒歩1分

(引用:リンクステーションホール青森 アクセスより)

  • 青森駅からバスを利用する場合

JR青森駅正面口(東口)から市営バス ( 2 )番乗り場「東部営業所行き」または「県立中央病院前行き」乗車
※「古川経由」または「新町経由」にご乗車ください。「青柳橋経由」は文化会館前を通りません。
「文化会館前」停留所下車、バス進行方向へ徒歩1分(バス所要時間 約10分 180円)

(引用:リンクステーションホール青森 アクセスより)

周辺施設

リンクステーションホール青森(青森市文化会館)の周辺には、飲食店がたくさんあるので、食事を取ったり休憩する場所には困ることはなさそうです。

会場にはパスタとソフトクリームがおいしい「Cafe あおいとまと」があり、催しによってはコラボメニューを提供しているのもおもしろいですね。軽食からガッツリ系までなんでもあるのでオススメです!

リンクステーションホール青森の近くの「ホテル青森」の中にもカフェや和食レストランもありますから、そちらを利用してもいいですね。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 愛媛・松山市民会館

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の愛媛公演は10月10日(火)に松山市民会館で行われます。松山市民会館は松山市内の中心にあるために、アクセスもしやすのが嬉しいですね。松山城を囲んでいるお堀の中にあり、県庁や美術館、図書館などと一緒に佇んでいます。

基本情報

愛媛・松山市民会館

住所:〒790-0007 松山市堀之内

電話番号:089-931-8181

座席表について

松山市民会館のキャパシティは1,999人となっており、1階席は1,197席に2階席は628席、その他立見席174席
車椅子席が8席となっています。この会場の特徴は、なんといっても音響や照明などの会場設備が充実しているため、より臨場感のあるライブを楽しむことができるのです。

横に広い会場なので、末席だとゆずの二人を横から見るような状態になってしまいます。おすすめの席はゆずを正面に見れて、なおかつ彼らの表情が肉眼でしっかり見える1階席1列目から12列目までがいいでしょう。

双眼鏡の使用に関しては、1階後方席と2階後方席はあった方が安心です。

トイレ・コインロッカーについて

松山市民会館のトイレは、1階正面玄関横と中ホールロビーに1つ、2階と3階にも1つずつあります。

コインロッカーについては会場にありませんので、最寄り駅などのコインロッカーを使用するようにしましょう。

アクセス

  • 電車の場合

伊予鉄市内電車「南堀端」下車 北へ徒歩約3分

JR松山駅から徒歩18分

松山市駅から徒歩10分

  • 車の場合

松山市民会館には専用駐車場がありますが、駐車台数は30台と少なめです。無料で駐車できるのが嬉しいですが、台数が少ないため早めに駐車するか、近隣の有料駐車場を利用するようにしましょう。

周辺施設

松山市民会館は松山市の中心にあるため、比較的飲食店が多いです。そのため、休憩場所や食事を摂る場所には困りませんが、最寄り駅の松山市駅周辺まで出た方が選択肢がひろがります。徒歩10分程度なので、会場から一旦戻ってもいいですし、会場へ行く前に腹ごしらえするのでもいいですね。

松山市駅内には「サンタサンタカフェダイニング」や海鮮料理専門の「黒潮亭」などがあります。会場前にある「アミティエ・ルマ」は、シェフこだわりのメニューの評判がかなりよく、低価格なのでオススメです。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 鳥取・米子コンベンションセンターBiG SHiP

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の鳥取公演は10月12日(木)に米子コンベンションセンターBiG SHiPにて行われます。米子コンベンションセンターBiG SHiPは、県内最大級のキャパシティを誇る複合施設です。さらに、客席を床下に収納できるという機能も持っている、一風かわった特徴をもつ施設なのです。

基本情報

鳥取・米子コンベンションセンターBiG SHiP

住所:〒683-0043 鳥取県米子市末広町294番地

電話番号: 0859-35-8111

座席表について

米子コンベンションセンターBiG SHiP、多目的ホールのキャパシティは2,004席とされており、1階席は1,824席に2階席は84席、サイドバルコニー 86席に車椅子席 10席から構成されています。

客席のほとんどが1階席に集中しており、平土間仕様にもなるため、客席に傾斜がついていないのではないかと心配になる方もいるかもしれませんね。ライブ時には客席に傾斜がついているので比較的見やすい会場です。

ステージでの動きがよくわかる前から12列目付近までなら、演奏中のゆずの表情がよく見えるのでおすすめです。1階席後方はステージからの距離がだいぶ開いてしまうので、双眼鏡はあったほうがいいでしょう。

トイレ・コインロッカーについて

米子コンベンションセンターBiG SHiPのトイレは、正面入口のエントランスに1つ、多目的ホールホワイエに2つあります。

コインロッカーは会場内にありませんので、最寄り駅のコインロッカーを使用するようにしましょう。

アクセス

  • 電車の場合

JR米子駅から徒歩5分

  • 車の場合

米子空港から車で約25分

米子自動車道米子I.Cから
山陰自動車道(松江方面行き)経由
米子中I.Cから車で約5分

(引用:コンベンションセンター BiG SHiP 交通アクセスより)

駐車場に関しては、会場前に3階建ての立体駐車場があり、収容台数も700台とかなりの台数が入ります。さらに、催し物開催時間分の駐車料金の割引サービスがあるのがありがたいですね。

周辺施設

米子コンベンションセンターの隣には、イオン米子駅前店があるので時間つぶしをするには十分ですね!フードコートには本場のインドカレーが味わえる「スパイス王国」やお手頃価格でランチを提供している「米乃屋deごはん」などがあります。

そのほか、米子コンベンションセンター内にも、カジュアルレストラン「ル・ポルト」があり、おしゃれなメニューに舌鼓を打つのもいいですね。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 大阪・フェスティバルホール

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の大阪公演は10月16日(月)17日(火)に大阪・フェスティバルホールにて行われます。50年以上の歴史をもつフェスティバルホールは、2008年に一旦閉館したのち、2012年には現在の場所へ移転し再開することとなりました。

基本情報

大阪・フェスティバルホール

住所:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2丁目3−18

電話番号: 06-6231-2221

座席表について

大阪・フェスティバルホールのキャパシティは2,700人となっており、1階席は1,544席、2階席は576席、3階席は580席から構成されています。今回のホールツアーのなかでも大きな会場であるフェスティバルホール。3階席までありますから、2階や3階席では双眼鏡はあったほうが安心でしょう。

おすすめ席は、やはりゆずの二人の演奏を間近で見られるステージ前ですね。1階席1列~14列目であれば、彼らの表情をしっかりみることができます。2階席最前列付近も、ステージから少し離れてはしまいますが、前方が開けているのでとても見やすい座席です。

トイレ・コインロッカーについて

大阪フェスティバルホールのトイレは、地下1階、1階、5階、6階、7階にそれぞれ1つずつありますので、キャパシティにくらべてトイレの数は比較的多いと言えるでしょう。

コインロッカーは2階のエントランスホワイエのみにあります。

アクセス

  • 車の場合

京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結

地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結

JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分

地下鉄御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分

JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分

(引用:大阪・フェスティバルホール アクセス より)

  • 車の場合

フェスティバルホールには残念ながら専用の駐車場はありません。車で来場する場合には、近隣の有料駐車場を使用するようにしてください。

周辺施設

大阪・フェスティバルホールは大阪駅からも徒歩11分、最寄り駅も5か所ほどありますので、周辺には飲食店がかなりの数あります。なかでも「イタリアンSASUKE 本町店」はお手頃価格で本格的なイタリアン料理を楽しむことができるのでオススメです!そのほか、人気うどん店「梅田はがくれ 本店」も要チェックです。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 愛知・センチュリーホール

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の愛知公演は10月24日(火)25日(水)にセンチュリーホールにて開催されます。愛知・センチュリーホールは国際会議場の名前でも親しまれており、イベントホールや会議室、レストランなどが入っている多目的施設です。

基本情報

愛知・センチュリーホール(名古屋国際会議場)

住所: 〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番1号

電話番号:052-683-7711

座席表について

愛知・センチュリーホールのキャパシティは3,000人とされており、1階席は1,510席、2階席774席、3階席718席に親子室10席で構成されています。座席は比較的ゆとりのある作りになっており、周囲との距離を気にすることなく観覧できる環境になっているのは嬉しいことですね。さらに、最新の音響設備など、設備面も充実していますので、臨場感のあるライブを楽しむことができます。

おすすめ席は、やはり1階席の最前列から11列目まで!ステージから11m以内ですので、ゆずの二人をしっかり見ることができます。1階席後方、2階席後方、3階席になると、ステージから30m近く離れてしまうため、双眼鏡はあったほうがいいでしょう。

トイレ・コインロッカーについて

センチュリーホールのトイレは、地下1階に2つ、1階にも2つずつあります。特に1階のトイレは個室数もかなり多いので、それほど混雑はしなさそうですね。

コインロッカーについては、センチュリーホールのある1号館に1つ、喫茶ラウンジなどがある2号館にも1つあります。

アクセス

  • 電車の場合

名古屋駅より日比野駅・西高蔵駅下車 徒歩5分

  • 車の場合

愛知・センチュリーホールには収容台数678台の専用駐車場があり、駐車料金は1日700円となっています。

周辺施設

愛知・センチュリーホールの周辺施設には名古屋国際会議場内にあるレストランの他には飲食店がそれほどありませんが、最寄り駅の日比野駅周辺にはたくさんの飲食店があります。開店と同時に行列ができるというひつまぶしの名店「大和田」やおいしいうなぎの「うなぎ かが味」など、名古屋ならではのグルメを味わうのもいいですね。

「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」の会場詳細について 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

ゆずのホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」のラストを飾るのは、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール!11月7日(火)8日(水)10日(木)の3日間で開催され、ゆずの聖地である地元横浜公演は注目です!

基本情報

神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

電話番号: 045-221-2166

座席表について

パシフィコ横浜国立大ホールは、世界最大の国際会議場や展示場、そしてホテルもある複合施設です。キャパシティは5,002席となっており、1階席3,260席、2階席994席、3階席748席から構成されています。今回のツアーでは最大のキャパシティを誇る会場です。

収容人数が多くなれば多くなるほど、良席に当たる確率は低くなってしまいますが、この会場でのおすすめ席は、やはりAA~Aにかけての13列目以内!ゆずの地元、横浜公演はぜひ彼らの近くでゆずの音楽を聴きたいですよね。そして、ステージ正面の35~46番であれば、ゆずを正面に見ることができますから、こちらはかなりオススメの座席となっています。

トイレ・コインロッカーについて

パシフィコ横浜国立大ホールのトイレは、1階マリンロビーに3つ、3階には2つ、5階に1つあります。

コインロッカーは1階のエントランスに2つありますが、すぐに埋まってしまうので、早めに預けるか最寄り駅のコインロッカーを使用するようにしましょう。

アクセス

  • 電車の場合

みなとみらい駅より徒歩5分

クイーンズスクエア連絡口を利用すれば、外に出ることなくアクセスできます。

桜木町駅より徒歩12分

  • 車の場合

パシフィコ横浜には隣接している、みなとみらい公共駐車場、臨港パーク駐車場の二つの駐車場があります。みなとみらい公共駐車場の収容台数は普通車 1176台、自動二輪車 44台、臨港パーク駐車場の収容台数は100台となっており、公式サイトで各駐車場の満車状況を見ることができます。イベントの開催日には大変混み合いますから、車で会場に向かわれる際には駐車場の状況をチェックしておきましょう。

周辺施設

パシフィコ横浜国立大ホールの周辺施設には、コレットマーレやクイーンズイースト、クイーンズスクエア、ランドマークプラザなど盛りだくさん!ちょっと休憩したり腹ごしらえをしたりするにもよし、カップルで参戦する方にもおすすめなステキな雰囲気のお店もたくさんあるので、店舗はよりどりみどりです。

特におすすめなのは、パシフィコ横浜内にあるレトロなカフェ「横濱ミルクホール」!美味しい横浜洋食のお店ですが、ランチタイムにはコーヒーや紅茶のドリンクのサービスがあります。その他、地産地消をモットーにしているイタリアンレストラン「リストランテ アッティモ」も横浜の洗練された雰囲気の中で食事ができるオススメスポットです。

ゆずに関する記事はこちらから!

トップアーティストとして君臨し続けるゆず!「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」に大いに期待しよう!

今回は、ゆずの約5年ぶりとなる全国ホールツアー「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」について、各会場のアクセスや周辺情報に加えて座席など、会場の詳細についてご紹介してきましたが、やはり、ライブに参加するならば、会場や座席についてはしっかりと把握しておきたいものですよね。

いつもトップアーティストとして、日本の音楽シーンのトップにいるゆず。彼らの作り出す楽曲には、共感させられる物が多いのも人気の理由のひとつでしょう。

今回の「YUZU HALL TOUR 2017 謳おう」は、きっとデビュー20周年を迎えた今だからこそ見せることのできる、素晴らしいステージになること間違いなしですから、ぜひ会場で彼らの音に触れてみて下さいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。