体調不良から完全復活!吉田拓郎の近況と今秋の首都圏ツアーの詳細をチェック!

2003年に肺ガン手術を行って以降、体調を崩していた吉田拓郎。2009年には”生涯最後”と銘打って全国ツアーを企画するも、慢性気管支炎の悪化のためツアーは中止。それから2012年、2014年と首都圏ツアーを敢行し、完全復活!そして今年2016年、待望の全国ツアーが開催されます!吉田拓郎の近況と今後の活動予定をまとめました。

一時期は体調不良により表舞台から姿の遠のいていた吉田拓郎ですが、近年は2年おきにライブツアーを敢行するなどふたたび活発に音楽活動に取り組んでいます。そこで吉田拓郎の近況と、今後の活動予定を紹介したいと思います。

吉田拓郎の近況!体調不良からの完全復活

2003年に肺ガン手術を行って以降、徐々に体調を崩していった吉田拓郎。2009年には”生涯最後の全国ツアー”と銘打って『Have A Nice Day LIVE 2009』を企画するも、慢性気管支炎の悪化のためツアーは中止となってしまいました。しかし、それから3年後の2012年にはアルバム『午後の天気』をリリースし、関東近郊の4つのステージでライブを成功させ完全復活を果たしました。このときNHKホールで行われたライブの模様はパッケージされており、『吉田拓郎 LIVE 2012』としてDVDやBlu-rayでその当時の吉田拓郎の姿を確認することができます。さらに2年後の2014年にはアルバム『AGAIN』をリリースするとともにふたたび首都圏ツアーを成功させる。このツアーに際しても東京国際フォーラムで行われたライブが『吉田拓郎 LIVE 2014』としてパッケージ化されています。

吉田拓郎の近況!『報道ステーション』に出演

今年2月にはテレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』に出演した吉田拓郎。キャスターの古舘伊知郎が過去の「テレビに出ない宣言」に触れると、テレビ番組の司会者から理不尽な理由で怒鳴られたことなどを語り、テレビへの嫌悪感を募らせていった経緯を明かしました。一方で「沢田研二を追いかければよかった」と過去の自分の芸能界へのスタンスに対しての後悔を告白し古舘キャスターを唖然とさせる場面も。その他、森進一に楽曲提供した『襟裳岬』や『祭りのあと』など、往年の名曲にまつわるエピソードを披露していました。この放送を見ていたのがタレントで元知事の東国原英夫。Twitter上で「えっ!? 拓郎さん、元気なんだ〜! 先ずは、元気で良かった!!」とツイートし、その元気そうな姿に感慨をあらわにしていました。

吉田拓郎の近況!不仲と噂の井上陽水との関係は?

吉田拓郎と不仲説がささやかれているのが井上陽水ですが、昨年12月に行われた全国ツアー東京国際フォーラム公演では、吉田拓郎の「リンゴ」をカバーしてみせる場面も。その後不仲説にふれ「そう言われるとそうかもしれない。時々メールしたりするんですけど、そんなにウマが合わない感じです」と冗談めかしたコメントをして会場を沸かせました。2歳しか歳の変わらない同世代のふたり。ウマは合わないながらも実力は互いに認め合っている様子が伺えます。

吉田拓郎の近況!2年振りの首都圏ライブツアー敢行

そんな吉田拓郎の今後の活動予定ですが、9月26日の市川市文化会館でのライブを皮切りに、2年ぶりとなる首都圏ライブツアーを敢行することが決定しています。今回のツアー名は「ブルボンpresents 吉田拓郎 LIVE 2016」。関東4箇所5公演を行う予定だが、どのようなライブになるのか詳細はまだ明かされていません。しかし、前回のツアーでアルバム収録曲「アゲイン(未完)」の完成版が発表されたように、今回のツアーでもなんらかの吉田流のサプライズ演出があることが期待されています。日程は以下のとおり「2016.09/26 (月) 市川市文化会館 18:30
全席指定
S席¥10,000
2016.10/03 (月) 東京国際フォーラム・ホール 18:30
全席指定
S席¥10,000/A席¥8,500
2016.10/11 (火) 大宮ソニックシティ・大ホール 18:30
全席指定
S席¥10,000
2016.10/19 (水) 東京国際フォーラム・ホール 18:30
全席指定
S席¥10,000/A席¥8,500
2016.10/27 (木) パシフィコ横浜・国立大ホール 18:30
全席指定
S席¥10,000/A席¥8,500」http://avex.jp/takuro/live/detail.php?id=1043452」

70歳を迎えた吉田拓郎から今後も目が離せない!

体調不良から完全復活し、70歳を迎えてなお盛んに活動する吉田拓郎。その歌声、演奏はまさに円熟。日本フォーク界の行ける伝説とも言える吉田拓郎のライブにあなたも足を運んでみてはいかがでしょうか?

吉田拓郎のオススメ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。