吉田拓郎 チケット
吉田拓郎人気アルバムベスト5!1位に輝くのは果たして…!

日本の音楽シーンに多大な影響を与えてきた1970年代を代表するシンガーソングライター、吉田拓郎

そもそもこの「シンガーソングライター」という言葉自体が、吉田拓郎登場以後にできたものと考えると、どれだけ彼の影響力が大きかったか想像できますよね。ここではそんな吉田拓郎の人気アルバムをランキング形式でご紹介していきます。

第5位は、かわいいジャケットの『吉田町の唄』

吉田町の唄(紙ジャケット仕様)をAmazonでチェック!

第5位にランクインしたのは、1992年7月29日に発売されたアルバム『吉田町の唄』。「夕映え」「いつもチンチンに冷えたコーラがそこにあった」「吉田町の唄」など全11曲を収録しています。

吉田拓郎の幼少期の写真を使ったアルバムジャケットなども話題になりました。現在でも多くのファンに支持されている作品です。

吉田町の唄(紙ジャケット仕様)をAmazonでチェック!

第4位は、外部プロデューサーを起用した『Hawaiian Rhapsody』

Hawaiian Rhapsody をAmazonでチェック!

第4位にランクインしたのは、1998年10月31日に発売されたアルバム『Hawaiian Rhapsody』。久しぶりに吉田拓郎本人以外のプロデュースとなった今作では、他者からの楽曲で構成されています。

「Hawaiian Sunrise Sunse」「イメージの詩」「僕たちのラプソディ」など全11曲を収録しています。ジャケットデザインはあの篠原ともえ。ちょっと意外な組み合わせもぴったりな作品です。

Hawaiian Rhapsody をAmazonでチェック!

第3位は、ライブ活動を再開させた『MUCH BETTER』

MUTCH BETTER(紙ジャケット仕様)をAmazonでチェック!

第3位にランクインしたのは、1988年4月21日に発売されたアルバム『MUCH BETTER』。しばらくの間、ライブ活動を休んでいた吉田拓郎が、ライブ活動を再開したタイミングで発売した作品です。

「眠れない夜」「気がついたら春は」「流れ流され」など全9曲を収録しています。どの曲も生演奏で聴きたくなるそんな楽曲がたっぷり収録されているのも嬉しいところです。

MUTCH BETTER(紙ジャケット仕様)をAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。